ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/03

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年03月11日

霜村誠一先生、ノーサイド・トークライブ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20190310.jpg

3月10日の夜、高田馬場ノーサイドクラブで霜村誠一さん(37歳)のトークライブの進行役をした。霜村さんは、日本代表6キャップのCTB。関東学院大学、三洋電機、パナソニックで活躍し、完璧なプレーぶりから「ミスターパーフェクト」とも呼ばれた。現在は群馬県の桐生第一高等学校のラグビー部監督で、2018年度の全国高校大会に就任4年目にしてチームを初出場に導いた。

保健体育の教諭で、体育、保健のほかスポーツ概論の授業も受け持っている。霜村さんは東農大二高校出身なのだが、当時のラグビー部・伊藤薫監督の人を育てる指導に魅力を感じ、その頃から教育者を志していた。社会人でプレーしながら大学で教員免許を取得し、引退後は桐生第一へ。「引退する3年ほど前から、桐生のラグビー関係者が僕を桐生第一のラグビー部の監督にするよう勧めてくれて、あと3年待ってくださいと、現役を続けさせてもらってから教員になりました」。指導はいたって冷静。けっして声を荒げることはない。「僕が現役の頃、グラウンドの外から怒鳴られても聞いていなかったですよ。選手が自ら考えて動くのがラグビーですから」。

赴任した当初は、40名ほど部員がいたが全員が高校からラグビーを始める未経験者だった。練習時間は短いが、日本ラグビー協会のコーチングディレクターの中竹竜二さんから学んだフォロワーシップを意識してチーム作りをすると次第にチームは力をつけた。選手自身が主体的にチーム作りを行っていく手法だ。「生徒にはなめられています(笑)」と言うものの、指導にメリハリはつける。そして、アプリを使って、選手の体調管理や悩みの相談などに応じ、きめ細かく気を配っている。マネージメントが大切だと感じ、現在もビジネススクールで組織論と経営マネージメントを学ぶ。「すべてはチームがもっと良くなるように、そしてお世話になっている学校に何か良い影響を与えられるように勉強しています」。新しい体育の先生像を見た気がした。

初めての花園を決めた試合では選手の成長が嬉しくて仕方がなかったという。「僕、試合を見ながら笑っていたんですよ。部長に、選手達、すごくないですか?って言いながら」。初めての花園では開会式でちょっと恥ずかしい体験も。「就任した当初から練習試合などしてくださって、お世話になっている野上先生(常翔学園高校ラグビー部監督)と開会式前に話していて、さあ、開会式に行こうと言われて僕がベンチコートを脱いだら、あれ?と、僕は、パーカー着ていたんですよ。そうしたら、他の監督さんたちはスーツにネクタイなんです。全然知らなかった。みんなに笑われました」。花園の洗礼である。初出場監督の「開会式あるある」らしい。

トークライブのハーフタイムには、お客さんからサインを求められた霜村先生。「桐生第一、霜村誠一って書くのなんか嫌なんですよね。同じようなのが並んでおかしいでしょう(笑)」。ほんとだ、標語みたい。選挙に出られる! 桐生が第一の霜村誠一です!って(笑)。
群馬県は、桐生第一以外にも、東農大二、明和県央、太田と、強い高校が多い。「ラグビースクールの指導者の方が熱心なのが一番です。それが地域的に均等に各高校に分かれて入学するんですよ」。今年の群馬もどこが代表になるか分からない。全国大会予選から注目である。

桐生第一・霜村誠一先生、ありがとうございました。久しぶりにゆっくり話を聞かせてもらって楽しかったです。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

  • Line