ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2015/02

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2015年02月13日

ヒーナン選手、セブンズ日本代表入り

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

男子セブンズ日本代表は、今週末、セブンズワールドシリーズ2014-2015・第5戦アメリカ大会「ラスベガスセブンズ」に出場するが、ここに、パナソニックのヒーナン ダニエル選手が参加することになった、

日本ラグビー協会の説明は次の通り。
【ヒーナン選手はオーストラリア代表(15人制)として2キャップを保持していますが、2014年に日本国籍を取得し、2015年2月12日に「ワールドラグビー 競技に関する規定 第8条 国の代表チームでプレーする資格」に基づき提出したオリンピックイベントに伴う資格申請が、ワールドラグビー規定委員会に承認されました】

簡単に説明しておきたい。ラグビー界の規定は、どこかの国の代表になった選手は、二カ国目での代表にはなれない。また、国籍を持っていなくてもその国3年居住してプレーすれば代表資格を得られる、というもの。しかし、7人制ラグビーがオリンピックの種目になったことで、オリンピックに関しては代表の選ばれるチームの国籍が必要になる。そこで、オリンピックにともなう特別ルールで、以前に他の国の代表になっていても、国籍を持つ国の代表になる意思があって、ワールドラグビーが認めれば、代表になることができる。

とういわけで、「ラスベガスセブンズ」大会登録メンバーは以下の通り。
◆大会登録メンバー
1. レメキ ロマノ ラヴァ、2. 後藤駿弥、3.吉田大樹、4.ヒーナン ダニエル、5.金正奎、6.彦坂匡克、7.坂井克行◎、8.藤田慶和、9.夏井大輔、10.後藤輝也、11.松井千士、12.合谷和弘、◎はキャプテン

◆ヒーナン ダニエル選手のコメント
「セブンズ日本代表に選ばれて、とても興奮しています。これは、私のラグビーキャリアにおける新しい挑戦です。セブンズ日本代表チームがより多くの試合に勝ち、そして、来季のセブンズワールドシリーズもコアチームとして出場できるよう、チームに貢献できることを楽しみにしています」

  • Line