ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2015/02

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2015年02月05日

稲垣啓太、スーパーラグビーへ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

パナソニックワイルドナイツが、所属選手の稲垣啓太選手が、スーパーラグビー 2015シーズンのメルボルン・レベルズ(オーストラリアカンファレンス)入りすることを発表した。プロップの日本選手がスーパーラグビー入りするのは初めて。屈強な肉体を持つ選手が並ぶスクラム最前列のプロップで、稲垣選手のポテンシャルがどう開花するのか目が離せない。

【ロビー・ディーンズ監督コメント】
パナソニックワイルドナイツは、稲垣がスーパーラグビーレベルズのスコッドとして選出されたことを大変嬉しく思っています。稲垣は、昨季のトップリーグでのデビュー以来、ワイルドナイツでのレギュラー獲得、新人賞の獲得、そして2014-15シーズンには日本代表チームへの選出と、あっという間に階段を駆け上がりました。レベルズで活躍の堀江翔太のあとを追いかけ、今回同チームに行くことになった稲垣のスーパーラグビーでの成功は疑うべくもありません。彼は、これまで与えられてきたすべてのチャンスを掴んできたように、常に正しい姿勢と精神力によって、この機会を最大限生かしてくれることでしょう。

【稲垣啓太コメント】
スーパーラグビーに挑戦できること、メルボルン・レベルズに入団できることをとても嬉しく思います。厳しい環境に身を置くことで、自分を高めたいと思っています。成長した姿を皆さんにお見せできるように頑張ります。

  • Line