ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/12

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2014年12月22日

トヨタで豊山コーチ、遠藤選手に会う

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

22日の朝は、京都駅から名古屋駅へ。トヨタ自動車ヴェルブリッツのクラブハウスで、豊山昌彦コーチと、遠藤幸佑選手にインタビューしてきた。これは、ワールドカップの思い出を聞くもので、WEBで公開されるものだが、詳細は公開が決まってから改めてお知らせしたい。

201412221

豊山選手と言えば、2003年ラグビーワールドカップ(RWC)に出場したプロップである。同世代の選手はよく言っていた。「豊山選手は身体が強い」と。本人も日本代表に参加するまでは、「ヒットで勝てばいいのだと思っていました」という。日本代表で長谷川慎さんや坂田正彰さんと組むうちスクラムワークを勉強していったそうだ。2003年大会は、スコットランド戦、フィジー戦、アメリカ戦に先発したが、スクラムについては、相手を強いとは思わず、問題なく組めていた。ただし、2000年にフランスに遠征したときの相手プロップには、とてつもない強さを感じたという。いま、日本代表がキメ細やかなスクラムのコーチを受けているのが、羨ましいとも話していた。豊山選手と言えば、実家は鶴橋の有名な焼肉屋さんである。お母さんもお元気で店を切り盛りされているとのこと。

201412222_2

2007年、2011年RWCに出場した遠藤幸佑選手にも話を聞いた。昨季の神戸製鋼戦で右ひざに大けがを負ってリハビリ中である。怪我の詳しい内容はこれまで聞いていなかったのだが、「内側靭帯と血管だけが繋がっている状態でした。もし血管も切れていたら切断だったそうです」と、スポーツ選手にしては稀な重傷だったそうだ。運よく血管がつながっていたので、さまざまな手術をしたのち、現在はウォーターボーイを務めるまでに回復。しかし、神経も切れていたため、膝から下は感覚がない。足首の自由もきかないという。そんな状態でも遠藤選手は「今シーズン中の復帰を目指しています。選手である以上、2015年のRWCもあきらめていません」と前向きだ。たぶん、苦しい思いもたくさんしているはずだし、ラグビー選手がラグビーできないというのは、とても辛いことだと思う。その気持ちの強さに感銘を受けた。スタッフの方の話しでは、リハビリのリーダーとして、負傷者を激励しながらともにトレーニングに励んでいるという。一日も早い復帰を祈りたい。

  • Line