ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/12

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2014年12月28日

花園2日目&デフラグビーお知らせ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

28日は、花園の全国高校ラグビー大会2日目で1回戦の残り11試合が行われた。1日目より寒くなり、第4試合には雨も落ちてきて、冷え込みはさらに厳しくなった。

試合のほうは、いつもながら高校生の熱い戦いに感動させられた。初出場同士の戦いは、近大和歌山の後半の追い上げをかわして、高岡第一が2回戦に進出した。その他、長崎北陽台、大分舞鶴、佐賀工業など花園での経験豊富なチームが勝ち進んだ。

僕はJSPORTSで2試合解説させてもらったのだが、秋田中央に対する若狭東の健闘に心打たれた。中学のラグビー経験者は一人もいない中で、スペースに次々に走り込んでくるプレーも感心したが、それより、トライをした選手がとびきりの笑顔を見せてくれたからだ。トライをした選手が「楽しい!」と叫んでいるシーンもあった。そうでなくちゃ。

30日の2回戦はシード校が登場する。どんなチャレンジが見られるのか楽しみだ。

写真は、第1グラウンド、第2グラウンドの裏側。この通路は30日、もっとも混雑しそう。来場する方は、気を付けてください。

20141228

以下お知らせです。

お知らせ◎帝京大学の大塚選手の活躍で注目が集まる「デフ・ラグビー」(聴覚障がい者ラグビー)。2015年秋に、ニュージーランドから「デフ・ブラックス」が来日予定だという。日本のデフラグビーチーム「クワイエット・タイフーン」が迎え撃つ。

現在、日本聴覚障がい者ラグビー連盟では、聴覚に障害を持つ選手を募集中。
参加資格:両耳平均25デシベル以上 身体障害者手帳は所持していなくても、軽度難聴および片耳失聴の方でも参加できる。
問い合わせなど連絡先=allquiettyphoon@freeml.com
公式Hp=http://www.deafrugbyjapan.com/

  • Line