ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/10

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2014年10月11日

TLファーストステージ第6節・土曜の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

トップリーグ・ファーストステージ第6節は、10月11日(土)、5試合が行われ、全勝の神戸製鋼をトヨタ自動車が追い詰めるなど各地で熱戦が相次いだ。

僕は東大阪市の近鉄花園ラグビー場にいた。第1試合は、ここまで唯一全勝の神戸製鋼とトヨタ自動車の戦い。前半、風上に立ったトヨタは、SO文字隆也、FB竹田宜純の正確なキックで地域をかせぎ、11分、CTBスティーブン・イエーツのパスを受けたWTB松下馨が先制トライして主導権を握った。後半に入ると、神戸製鋼も今村雄太、山下楽平らのトライで盛り返し、一時は24-14とリードしたが、逆転勝利に向けて自陣からボールをつないだトヨタの攻撃を止めきれず、最後はトヨタの猛攻をなんとかしのいで引き分けとなった。

第2試合は、今季初のホーム花園での試合となった近鉄が、サントリー相手に渾身のチャレンジ。序盤はサントリーの猛攻を受けて防戦一方となったが、その後はトンプソンルーク、ジーン・フェアバンクスらのタックルが次々に決まり、接点で前に出て反撃。前半のうちに同点に追いつき、後半も拮抗した展開になったが、後半30分、サントリーSH日和佐篤のトライで突き放された。それでも37分、交代出場のLO山口浩平がトライをあげ、1点差に迫って観客席を沸かせた。

「いいところも悪いところもあったが、神戸製鋼に負けたことで、自分達を見つめ直し、3試合をこなして準備したことが生きた勝利です」とサントリーの大久保直哉監督。真壁伸弥キャプテンは、「とにかくサントリーのラグビーをやろうとした。イージーミスでトライを獲られたのは反省点」とコメント。トンプソンやラディケ・サモに何度もタックルされたことについて問いかけると、「ボールを持つとルークと目が合う。PKから行こうと思ったら、ニヤッと笑っている。またかよ〜、俺かよ〜って、その恐怖との戦いでした」と、疲労困憊の表情で振り返っていた。

写真は、激闘のあとのトンプソン選手。

201410111

篠塚公史選手(サントリーサンゴリアス)が、トップリーグ100試合出場達成。

11日の試合の結果、セカンドステージでのグループ決定チームは以下の通り。プールAでは、NTTコミュニケーションズ、クボタ、プールBでは、トヨタ自動車、キヤノン、近鉄が、未定となっている。

■グループA
パナソニック ワイルドナイツ(10月11日決定)
東芝ブレイブルーパス(10月11日決定)
ヤマハ発動機ジュビロ(10月11日決定)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ(10月11日決定)
サントリーサンゴリアス(10月11日決定)

■グループB
NECグリーンロケッツ(10月11日決定)
コカ・コーラレッドスパークス(10月11日決定)
豊田自動織機シャトルズ(決定済)
宗像サニックスブルース(決定済)
コカ・コーラレッドスパークス(決定済)
NTTドコモレッドハリケーンズ(決定済)

◆トップリーグ・ファーストステージ第6節結果(11日)
岩手・盛岡南公園球技場
リコーブラックラムズ○31-24●NTTドコモレッドハリケーンズ(前半7-5)
クボタスピアーズ●24-29○豊田自動織機シャトルズ(前半7-6)
千葉・ 柏の葉公園総合競技場
NECグリーンロケッツ●21-44○パナソニック ワイルドナイツ(前半7-27)
大阪・近鉄花園ラグビー場
神戸製鋼コベルコスティーラーズ△24-24△トヨタ自動車ヴェルブリッツ(前半3-14)
近鉄ライナーズ●30-31○サントリーサンゴリアス(前半10-10)

  • Line