ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/10

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2014年10月19日

TLファーストステージ最終節の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

201410191

10月19日(日)は、トップリーグ・ファーストステージの最終節、全8試合が行われた。僕は、愛媛県のニンジニアスタジアムで、JSPORTSの解説をした。ここのグラウンドは3回目くらいの気がするのだが、JSPORTSの放送は初めてみたい。マジ? じゃあ、なんの取材で来たのだろう。

試合の方は、激しいコンタクト合戦になった。まだ4位以内が確定していないキヤノンが、4位入りの条件である勝ち点1どころか、4トライ以上の勝利で神戸製鋼越えを狙ってブレイクダウンで激しく圧力をかけた。しかし、神戸製鋼は、キックオフ直後にキヤノンのキック処理ミスをついて、LOアンドリース・ベッカーが先制トライ。SH佐藤貴志、FB山中亮平らのキックで前進し、素早いキックチェイスでプレッシャーをかけ、得意のラインアウト・モールで追加点をあげた。

キヤノンもPKからの速攻でCTBティム・ベネットがトライし、後半もWTB原田季郎の好走からトライをあげ、17-14と4点差まで迫った。最後は届かなかったが、勝利を狙って最後まで攻めた。永友洋司監督は悔しさをにじませながら、「1位通過を狙って挑みましたが、ミスと反則でゲームを壊してしまった気がします。3点差以上に力の差を感じました」とコメント。和田拓キャプテンは、「試合の入りで反応が遅かった。もっとプレーの精度を高めて、セカンドステージでは上位を狙いたい」と語った。

キヤノンは、7点差以内の負けに与えられるボーナス点を獲得し、プールBの3位が確定。トヨタ自動車もリコーを下し、コカ・コーラに勝った近鉄と勝ち点では並んだが、得失点差で4位となり、セカンドステージでは上位のグループAでプレーすることになった。

無敗でファーストステージを終えた、神戸製鋼のギャリー・ゴールドヘッドコーチは、「きょは勝つことが大事だった。選手たちはシーズンに入ってもハードトレーニングをし、よくやってくれた。ファーストステージを無敗で終えたことを誇りに思う」とまずは、選手の健闘を称え、「セカンドステージに向かって、アタックにフォーカスしていきたい」と、ウインドウマンスの準備ついて語っていた。


【最終順位】
プールA=1位パナソニック、2位東芝、3位ヤマハ、4位NTTコム、5位クボタ、6位NEC、7位豊田自動織機、8位宗像サニックス
プールB=1位神戸製鋼、2位サントリー、3位キヤノン、4位トヨタ自動車、5位近鉄、6位リコー、7位コカ・コーラ、8位NTTドコモ

■トップリーグ・ファーストステージ第7節結果
▼東京・秩父宮ラグビー場
リコーブラックラムズ●12-13○トヨタ自動車ヴェルブリッツ(前半5-3)
サントリーサンゴリアス○61-12●NTTドコモレッドハリケーンズ(前半14-12)
▼大阪・近鉄花園ラグビー場
近鉄ライナーズ○31-14●コカ・コーラレッドスパークス(前半14-7)
ヤマハ発動機ジュビロ○19-14●東芝ブレイブルーパス(前半19-9)
▼山形・NDソフトスタジアム山形
NECグリーンロケッツ○54-33●豊田自動織機シャトルズ(前半14-19)
▼群馬・太田市運動公園陸上競技場
パナソニック ワイルドナイツ○43-13●NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(前半13-13)◆試合結果
▼愛媛・ニンジニアスタジアム
神戸製鋼コベルコスティーラーズ○17-14●キヤノンイーグルス(前半17-7)
▼奈良・天理親里ラグビー場
クボタスピアーズ○42-28●宗像サニックスブルース(前半15-14)

★セカンドステージは、11月28日(金)に開幕する。

◎グループA
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(A4位)
キヤノンイーグルス(B3位)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ(B1位)
サントリーサンゴリアス(B2位)
東芝ブレイブルーパス(A2位)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ(B4位)
パナソニック ワイルドナイツ(A1位)
ヤマハ発動機ジュビロ(A3位)

◎グループ B
NECグリーンロケッツ(A6位)
NTTドコモレッドハリケーンズ(B8位)
近鉄ライナーズ(B5位)
クボタスピアーズ(A5位)
コカ・コーラレッドスパークス(B7位)
豊田自動織機シャトルズ(A7位)
宗像サニックスブルース(A8位)
リコーブラックラムズ(B6位)

  • Line