ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/10

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2014年10月10日

同志社の末永選手を取材

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

201410101

金曜日は、神戸製鋼の灘浜グラウンドから同志社大学の田辺グラウンドへと移動しながらの取材だった。同志社大学は、2年生のFL末永健雄選手へのインタビューで、これは今月下旬発売のラグビーマガジン12月号に掲載されるものだ。

末永選手は福岡高校1年生で全国高校大会に出場し、2012年度の高校日本代表に選出され、同大同期の松井千士選手らとイタリア・フランス遠征に参加した逸材である。同大でも1年生からレギュラー入りしている。高校の時の森重隆監督に教えられたのは「気合い」だそうだ。

先日の関西大学Aリーグの開幕戦では、NO8として出場し、見事なタックルとジャッカルで勝利に貢献した。きょうは初めて話を聞いたのだが、予想していたより、ずっと柔らかい印象。けっこう、笑わしてもらった。詳しくはラグビーマガジンに書きたいが、熱さをストレートに出さないところが彼らしさなのかな、と感じた。

写真左は取材の段取りをしてくれた主務の長坂宗一郎選手(日川高校)。本ブログ、二度目の登場。天理大戦では交代出場ながら初めて花園ラグビー場の芝生を踏んだ。「高校の時は入場行進しかしていないんです。最高の芝生でした」。最高の笑顔で話してくれた。

初戦白星スタートの同大は、12日、京都の宝ヶ池で大体大と戦う。台風の影響、どうかな。

  • Line