ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/10

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2014年10月01日

セブンズ日本代表、アジア大会2日目結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

第17回アジア競技大会に出場している男女セブンズ日本代表の大会第2日の試合結果は以下の通り。女子セブンズ日本代表(サクラセブンズ)はプールA2位となり、大会第3日は準決勝でプールB1位の香港と対戦。男子セブンズ日本代表は、4連勝。第3日は準決勝でスリランカと対戦する。決勝に進出すれば、香港か韓国との対戦となる。

■女子試合結果
プールA第4戦 
日本代表 7-28 中国(前半0-21)

○女子セブンズ日本代表ヘッドコーチ 浅見敬子
「単純に自分たちのミスでボールを継続できなかったことが敗因。攻守の切り替えのところでボールを前へ運ぶことについては一定の評価はできるが、ディフェンスが整備できずに抜かれてしまったり、アタックで2人目のサポートが遅れたり、ファーストキャリアのボールが前に出ていないなどの課題があった。しっかりと切り替え、いいリカバリーをして、課題を修正して明日の試合に臨みたい」

○女子セブンズ日本代表キャプテン 中村知春「チームでファーストトライをとりに行こうと話をしていたが、自分たちのミスでファーストトライを相手にさせてしまったので、そこは修正すべきところ。今日は中国と対戦して、相手の強みも自分たちの修正すべき点もよくわかったので、とてもポジティブにとらえている。明日の準決勝をしっかりと勝ち、決勝で中国と対戦し必ず勝ちたい」

■男子試合結果
プールA第3戦
日本代表 57-0 マレーシア(前半24-0)
準々決勝
日本代表 57-0 中華台北(前半33-0)

○男子セブンズ日本代表ヘッドコーチ 瀬川智広
「ここまでの4試合、接戦が1試合もないので、追いかける立場になった時にいかに焦らないで自分たちのプレーをして、14分間の試合の中で流れを掴むことができるか、そして掴み損なったときにどのようにプレーできるかが大切。14分間でチャンスの時間帯が2、3回は回ってくる。坂井、桑水流、リーチの調子が良く、アタックになればこのチームは強い。ディフェンスはもう一度規律を守ってやっていくだけ」

○男子セブンズ日本代表キャプテン 坂井克行
「零封はアジアでは予定通り。そうでなくてはいけない。準決勝で対戦するスリランカは足が速くかき回してくるので、いかにマイボールをキープできるかが重要。準決勝、決勝では勝負どころで取れるところで確実に取るということと、ディフェンスでしっかりタックルができるかが大事になってくる。試合の立ち上がりは慌ててしまうところがあったので、明日はキックオフからしっかりと今日の反省点を修正していきたい」

  • Line