ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/08

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2014年08月24日

トップリーグ開幕節・土曜の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

土曜日は秩父宮ラグビー場で行われたNTTコミュニケーションズシャイニングアークス対宗像サニックスブルース戦をJSPORTSで解説した。立ち上がりから、NTTコミュニケーションズがスクラムで圧力をかけ、テンポよくボールを動かして攻めた。前半は10-3でNTTコミュニケーションズがリード。後半は、サニックスも修正し、素早くボールを動かして盛り返し、SO田代がPGを返して、10-6。8分、交代出場のサニックスCTBドウェイン・スウィーニーが4人、5人とタックルをかわしてトライをあげ、逆転した。

しかし、NTTコミュニケーションズは粘り強かった。後半15分、ゴールラインを背負いながらサニックスの攻撃を止め、今季より加入の韓国代表CTB諸葛がタックル後に素早くボールに絡んでPKを勝ち取る。ここからSH西橋が強気に速攻を仕掛け、防御背後へのキックをWTB鶴田が追いかけ、サニックスのディフェンダーに競り勝って抜けだし弾んだバウンドに合わせてトライ。17-11と逆転した。その後、スクラムを押し込んだあと交代出場のNO8アマナキ・レレィマフィがトライをあげて突き放した。南アフリカ代表SOエルトン・ヤンティースも柔らかな動きで活躍し、この先に期待を抱かせるNTTコミュニケーションズの勝利だった。

本来のキャプテンである溝口が負傷のため、ゲームキャプテンを務めた鶴田諒は、「開幕戦初勝利を嬉しく思います。最初はサニックスの前に出てくるディフェンスに苦しみましたが、ディフェンスで我慢できたのが良かったと思います」とコメント。この日のマンオブザマッチに選ばれる要因ともなった逆転トライについては、「ちょうど会社の応援団のみなさんの前だったので、歓声を聞きながら走りました。上司もいたので、スピードも上がったかもしれません」と笑顔で語った。


■トップリーグ開幕節・土曜の結果
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス○25-11●宗像サニックスブルース(前半10-3)
NECグリーンロケッツ○24-3●クボタスピアーズ(前半21-0)
ヤマハ発動機ジュビロ○38-9●豊田自動織機シャトルズ(前半12-9)
コカ・コーラレッドスパークス●13-17○サントリーサンゴリアス(前半3-0)

  • Line