ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/08

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2014年08月03日

男女セブンズ学生日本代表ほか

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

8月3日(日)、長野県の菅平高原で行われた「第10回全国高等学校合同チームラグビー大会」決勝リーグの結果は以下の通り。
●U17カップ優勝 九州ブロック
●U17プレート優勝 東海ブロック
●U17ボウル優勝 北海道ブロック
●U18カップ優勝  関東ブロック
●U18プレート優勝 東海ブロック
●U18ボウル優勝  北信越ブロック

同日、菅平高原で行われた「第4回全国高等学校女子7人制ラグビー大会」の決勝リーグの試合結果は以下の通り。
●カップ優勝  九州選抜
●プレート優勝 近畿選抜
●ボウル優勝  北海道・関東選抜


8月8日〜10日にかけてブラジルで開催される第6回世界学生選手権に参加する男女のセブンズ学生日本代表のメンバーが発表になっている。世界学生選手権(主催:国際大学スポーツ連盟)は、大学生を対象としたスポーツの国際大会で隔年開催。出場資格は大学生または大学院生で、大学既卒者であっても卒業2年以内であれば出場は可能。男子セブンズ学生日本代表は2010年の第4回大会から参加しており、今回で3回目(前回は5位)、女子セブンズ学生日本代表は2012年から参加して今回で2回目(前回は4位)の出場になる。

男子は、ブラジル、中華台北、アルゼンチン、ベルギー、イギリス、ナミビア、フランス、日本、カナダが参加。

■男子セブンズ学生日本代表
鶴岡怜志(宗像サニックスブルース、流通経済大学卒)、加藤誠央(九州電力キューデンヴォルテクス、福岡大学卒)、 染山茂範(中国電力、明治大学卒)、高森一輝 ◎(クボタスピアーズ、流通経済大学卒)、後藤輝也(NECグリーンロケッツ、山梨学院大学卒)、 山下楽平(神戸製鋼コベルコスティーラーズ、京都産業大学卒)、本村直樹(筑波大学3年)、大石力也(山梨学院大学4年)、合谷和弘(流通経済大学3年)、高悠也(中央大学3年)、宮川智海(関東学院大学2年)、松井千士(同志社大学2年)


女子は、ブラジル、イギリス、日本、フランス、ベルギー、カナダ、モロッコ、中国が参加。

■女子セブンズ学生日本代表
桑井亜乃(ARUKAS QUEEN KUMAGAYA、立正大学院2年)、鈴木実沙紀 ◎(東京フェニックスRC、関東学院大学4年)、横尾千里(東京フェニックスRC、 早稲田大学4年)、斎藤聖奈(阿倍野HOLLY'S、大阪体育大学4年)、末結希(ARUKAS QUEEN KUMAGAYA、東京学芸大学3年)、南早紀(日本体育大学ラグビー部女子、日本体育大学1年)、小笹知美(戸塚共立メディカルラグビーフットボールクラブ、吉備国際大学卒)、平野恵里子(日本体育大学ラグビー部女子、日本体育大学4年)、加藤あかり(Rugirl-7、名桜大学4年)、鈴木陽子(ARUKAS QUEEN KUMAGAYA、立正大学3年)、本間美月(名古屋レディース、中京大学2年)、山中美緒(ARUKAS QUEEN KUMAGAYA、立正大学1年)
※◎はキャプテン

この発表後、山中美緒が負傷のため不参加となり、追加参加選手として、中美咲(追手門学院大学1年)がメンバー入りした。

  • Line