ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/03

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2014年03月31日

セブンズ坂井キャプテンに勲章&パナソニック新加入選手

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

セブンズワールドシリーズのコアチーム昇格で意気上がる男子セブンズ日本代表だが、香港セブンズ(HSBCセブンズワールドシリーズ2014-2015コアチーム昇格決定大会)の最優秀選手・最優秀フェアプレー賞に、キャプテンの坂井克行選手が選出された。

以前、坂井選手に話を聞いたとき、2016年のリオのオリンピックだけでなく、2020年の東京オリンピックへの意気込みを聞いたことがある。坂井選手はまだ25歳なので、2020年に出場となると31歳。「もし出るとしたら今が大事です。まだ足も速くなるし、体も絞れる」と話していた。今回もゴールキッカーとして、プレーメイカーとして大活躍だった。さらなる成長に期待。

また、セブンズ日本代表は、今季のセブンズワールドシリーズの残り2 戦、第8 戦・スコットランド大会「グラスゴーセブンズ」(5 月3、4 日、グラスゴー・スコッツタウンスタジアム)と第9 戦・イングランド大会「ロンドンセブンズ」(5 月10、11日、ロンドン・トゥイッケナム)にも出場できることになった。「香港セブンズ(HSBC セブンズワールドシリーズ2014-2015 コアチーム昇格決定大会)」の優勝チームを両大会に招待するという国際ラグビーボード(IRB)の事前の決定に基づくもの。

スコットランド大会では、日本は、イングランド、カナダ、フランスと同じプールBに入る。つまり、もうすでにコアチーム入りしたのと同じ扱いであり、来季も全大会に出場することになっている。今回の優勝が日本のセブンズ強化にとってどれほど大きかったかを痛感する。

話題は変わって、パナソニックワイルドナイツより、2014年度新加入選手の発表があった。以下の通り。仲松選手は、日本ジュニア・ユース陸上競技選手権の円盤投げで優勝したことがあるアスリートで、ラグビーを始めて間もないという。

◎パナソニックワイルドナイツ2014年度新加入選手
仲松美勇士クリシュナ(なかまつみゅうじくりしゅな、23歳、PR、178cm/109kg、中部商業高校)
内田啓介(うちだ けいすけ、22歳、SH、179cm/86 kg、伏見工業高校→筑波大学)
梶 伊織(かじ いおり、22歳、SO/CTB、170cm/77 kg、御所実業高校→大東文化大学)
児玉健太郎(こだま けんたろう、22歳、WTB/FB、183cm/85kg、小倉高校→慶応大学)

  • Line