ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/03

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2014年03月07日

サントリーサンゴリアスに厳重注意

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

立川選手の出場停止処分については、2回前の日記に僕なりの見解を書きましたが、6日付けで、サントリーサンゴリアスにも、日本ラグビーフットボール協会の競技運営部長名で厳重注意がありました。内容は以下の通りです。


■フェアプレーの遵守と再発防止に向けた指導徹底について(厳重注意)

第51回日本ラグビーフットボール選手権 準決勝 サントリーサンゴリアス 対 東芝ブレイブルーパス戦(2014年3月1日 近鉄花園ラグビー場)におきました下記の事象2件について厳重注意のご連絡をいたします。
本件は日本ラグビーが目指すべきフェアプレーの遵守を損なう問題であると認識しております。
今回の処罰の意義は、「行為を罰する」ことではなく、今後の「再発を防ぐ」ことにあります。日本のトップチームとして貴チームは戦略・技術はもちろん、普及の観点、フェアプレー精神なども「日本最高峰」でなければならないことは言うまでもありません。
貴チーム内におかれましては「フェアプレーの徹底」をスタッフ、選手と再確認頂き、再発防止に向けた更なる指導・徹底に取り組むよう、衷心よりお願い申し上げます。


日本ラグビーフットボール協会
競技運営部長 南隆雄

【事象/対象選手】
後半38分 東芝陣 ハーフウェーライン付近
(1)対象選手 : サントリーNO13平浩二
事象:東芝NO15が密集に参加しようとしたところ、オフサイドの位置でありながら背後から掴んでプレーを妨害した
(2)対象選手 : サントリーNO3畠山健介
事象:密集から前方に離れた後、東芝NO6、NO9のジャージを掴んだまま放さず、プレーを妨害した

  • Line