ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/03

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2014年03月15日

愛好日記ライブ2014弥生終了

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

金曜日の夜は、下北沢のライブハウス音倉で「ラグビー愛好日記トークライブ2014弥生」を開催。音倉では、第7回目。今回は、トップリーグのキヤノンイーグルスから、永友洋司監督、和田拓キャプテン、そして、トップリーグ100試合出場を果たした山本貢選手をお迎えした。

まずは、永友監督が誕生日だったので、和田キャプテンのリードで、「ハッピー・バースデー」の大合唱。昨季のキヤノンイーグルスの戦いぶりを振り返った。ファーストステージでは、最終節のヤマハ発動機に勝ってトップ4に食い込み、「清宮さん、ありがとう!」(永友監督)。しかし、セカンドステージでは初戦のNECに勝った以外は黒星続き。苦しいシーズンになった。それでも和田キャプテンは「同じような失点でも、中身は違う。この試合では40分までできた、次の試合ではそれが10分のびる。すべてが貴重な経験」と成長を実感しながらのシーズンだったと話した。キヤノンは昨季、唯一パナソニックに勝ったチームでもある。

永友監督は、和田キャプテンを入社2年目の春にキャプテンに指名した。「若いチームを象徴する存在でいてほしかったし、責任感、プレーのタフさ、彼しかいないと思いました。名キャプテンになってほしかった」。永友監督自身がサントリー時代に入社3年目でキャプテンになった経験も影響があったようだ。「若い選手がキャプテンになると、ベテラン選手が助けてくれるんですよ」。チームの一体感を重視しての起用だったということだろう。

山本貢選手は、本人いわく、「大学時代は勢いでプレーしていました」と言うが、社会人になって徐々に深くラグビーを考えるようになり、今ではパーソナルトレーナーと契約して体の効率のいい使い方を学んでいる。「今が一番いいパフォーマンスができていると思います」。山本選手は怪我で上腕の二頭筋が切れていて、以前ほど力が入らなくなっているという。そこで、フッカーとしてスクラムのバインドなどやりにくいことがあるのではないですか?と問うと、「僕はあまり強くバインドしないんです。釘がなくても家が建つように、方向が統一されていれば崩れない。(中略)バラバラだから崩れると思うんです」などなど、スクラムに関して味わい深い語り口でお客さんを納得させていた。

永友監督の明治大学時代の合宿所での爆笑エピソードなど、大いに笑って感心もできるトークになった。ゲストの皆さん、お参加いただいたファンの皆さん、ありがとうございました。次回は5月か6月あたりに企画したいと思います!

201403152

  • Line