ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/02

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2014年02月06日

春の日本代表戦・日程

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

2月6日午後、日本代表の春シーズンの日程発表会見があった。岩渕健輔GMから説明があったのは以下の通り。アジア五カ国対抗は、2015年のワールドカップのアジア予選を兼ねるため、大事な大会になるのだが、その最終戦が国立競技場ということになった。5月いっぱいで現在の国立は使用されなくなるため、これが最後のスポーツの国際試合ということになる予定。「2015年大会にかける意気込みを示すためにも、ふさわしいスタジアムで戦いたいと思っていました。ファンの皆さんにも選手の熱を感じてもらえればと思います」(岩渕GM)
パシフィックネーションズカップについては、日本、カナダ、アメリカと、サモア、フィジー、トンガが別ブロックで試合し、同じ順位同士が秋にヨーロッパで戦うプランがあり、この春は、カナダとアメリカとの戦いになる。岩渕GMは、「日本代表としては、年間14試合はしたいと思っています」とも話し、この春にもさらに試合が追加される可能性はある。また、「2015年のワールドカップまで、この春、秋、来年の春と3つのブロックしかない。この春はワールドカップで戦えるチームを作るために大切な機会になる」と、夏までの期間の重要性も強調していた。

◎日本代表2014年春シーズン日程

■アジア五カ国対抗2014(A5N)兼2015年ワールドカップ・アジア予選
5月3日=フィリピン代表(フィリピン・マニラ)
5月10日=スリランカ代表(愛知・瑞穂ラグビー場)
5月17日=韓国代表(韓国・未定)
5月25日=香港代表(東京・国立競技場)
■IRBパシフィックネーションズカップ2014(PNC)
6月7日=カナダ代表(カナダ・バーナビー)
6月14日=アメリカ代表(アメリカ・未定)
6月21日=イタリア代表(東京・秩父宮ラグビー場)

  • Line