ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/02

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2014年02月25日

ラグマガ2014・4月号

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

Cover_20144

Superugby14_cover_2

2月25日は、ラグビーマガジン4月号の発売日。今号は、開幕したばかりのスーパーラグビー2014の観戦ガイド付き。本誌の表紙はトップリーグMVPのベリック・バーンズ(パナソニックワイルドナイツ)。巻頭のインタビューはパナソニックのキャプテン堀江翔太。決勝戦に勝利後、4時間後には成田空港からオーストラリアに向かったが、その寸暇をぬっての話しは面白い。「バンジー(バーンズ)が、デュプレアのキックチャージでムキになって…」、「相手が疲れていることがわかったので、僕らのやっていることは間違っていない…」、「ホンマは応援団にもありがとう、と伝えたかったし、みんなと飲みたかった…」。レベルズでの活躍を祈ろう。

人物往来は、吉田義人(サムライセブン代表)、吉上耕平(九州電力、引退)、板井良太(関東学院大学ラグビー部新監督)。おお、板井さん、久しぶり。ぱらぱらとページをめくって最後まで行ったら、巻末インタビューに高田馬場ノーサイドクラブの竹内マスターが。おお、内容、かっこいい。

連載では小林深緑郎さんの「トライライン」が興味深い。南アフリカ共和国の大学ラグビーの先進的な取り組み。新しいルールの実験の場になっている。日本もこうありたい。大学ラグビーは選手強化だけではなく、ラグビーをより深く学び、研究する場でもあるはずだ。新しいルールの提案、新しい理論の開発、大いに真似てもらいたい。

「解体心書」は、稲垣啓太。トップリーグ新人賞に輝いた期待のプロップだ。そうそう、トップリーグ年間表彰式のスピーチで、「一生に一度しかもらえない賞なので嬉しいです」と言いながら、緊張して最後に「来年ももらえるように頑張ります」と言ってしまったんだった。いい味出している。稲垣選手には僕も別の取材でインタビューしたのだが、レギュラーシーズンのサントリー戦で、60分の出場でなんと30回以上タックルした。2分に1回タックルしていたのだ。FW第三列以上だ。それなのに、ずっとプロップ一筋。愛着を持っている。面白い。

  • Line