ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/02

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2014年02月08日

ワイルドカード2回戦&入替戦結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

土曜日は早朝に品川駅から新大阪駅へ。近鉄花園ラグビー場でのワイルドカードトーナメント2回戦の解説(JSPORTS)だったのだが、前日夜に東京で取材があったため、早朝移動になった。運よく45分くらいの遅れで新大阪着。なんとか間に合った。朝には一面の雪化粧だった花園だが関係者の懸命の雪かきによって第1試合のキックオフ前には緑がほぼ全面に映えるグラウンドになった。

第1試合は、トヨタ自動車対近鉄。立ち上がりから風上に立った近鉄が相手陣で戦いながら何度も連続攻撃を仕掛けたが、トライは取りきれず。逆にトヨタは、前半23分、ゴール目のラインアウトからモールを押し込み、FLホップグッドがトライ。7-0で前半が終了。後半は風上のトヨタが力強い突進を連続させながら攻め込み、32分にホップグッドが2つめのトライをあげ、SO文字がPGを追加して突き放した。

トヨタは、交代出場のHO彦坂がシンビンになり、7人のスクラムでゴールラインを背負う苦しい場面あったが、低い姿勢で耐え近鉄にトライを与えなかった。廣瀬監督は「トヨタらしいゲームができたので満足しています」と、激しいコンタクトプレーで前に出た選手を称えた。シャーベットのような雪に足をとられる場面が多かった試合だが、チャンスでトライを獲りきれない近鉄は、前田監督が「シーズンを通して、詰めの甘さがあった」と認めた通り課題を修正できないままシーズン終了となった。

第2試合は、ヤマハ発動機対NEC。トップリーグの順位はヤマハが上だが、両者一歩も引かない好ゲームになった。前半は、風上のNECがSO田村のドロップゴールで先制し、さらに田村が2PGを追加して、9-0とリード。FLラトゥー、PR金らの力強い突進が印象的な前半だった。後半の序盤もNECが攻め込むことが多かったが、ヤマハのディフェンスも粘り、FB五郎丸のPGで、9-3に詰める。NECも田村がPGを返して12-3。

15分、ヤマハのベンチが動く。SO大田尾に代えて曽我部、そして、NO8トゥイアリイを下げて、CTBピウタウを投入。攻撃的なフロントスリー(SO曽我部、CTBピウタウ、サウ)で局面の打開を図った。狙い通り流れは良くなり、五郎丸がPGを追加して、12-6。30分、連続でNECがオフサイドを犯すが、ヤマハは連続してタッチキックでラインアウトを選択し、NO8堀江がトライをあげる。左隅の難しいゴールを五郎丸が決めて、12-13とついに逆転。その後は、相手陣でうまく時間を使って逃げ切った。

これで、日本選手権1回戦では、トヨタ自動車は帝京と、ヤマハ発動機は早稲田と戦うことになった。

■ワイルドカードトーナメント2回戦結果
トヨタ自動車ヴェルブリッツ○18-3●近鉄ライナーズ(前半7-0)
ヤマハ発動機ジュビロ○13-12●NECグリーンロケッツ(前半0-9)

■トップリーグ入替戦(2月8日)結果
コカ・コーラウエストレッドスパークス○22-17●三菱重工相模原(前半15-12)

  • Line