ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/01

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2014年01月11日

TLセカンドステージ第6節結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

11日の土曜日は近鉄花園ラグビー場だった。トップリーグ・セカンドステージ第6節の2試合を解説(JSPORTS)、取材するためである。全国高校大会の熱戦の余韻もさめやらぬ会場だが、メインゲートの周辺には試合前から各チームの応援団が大挙してやってきて賑わっていた。

20140111

第1試合はグループBの首位・クボタスピアーズと、3位の近鉄ライナーズの対戦。互いにブレイクダウン(タックル後のボール争奪局面)で激しくプレッシャーを掛け合い、ボールの停滞する時間が長くなったが、前半はクボタの攻める時間が長く、前半15分には、SH井上がインゴールへのショートパントをあげて、FBノートンナイトが相手と競り合いながらキャッチしてトライ。18分には、CTB立川のインゴールへのグラバーキックをWTB伊藤が押さえてトライ。10-0とリードする。しかし、ここからは近鉄の密集サイドを執拗につく攻撃をことごとく止められ追加点をあげられず。逆に近鉄はFB高がPGを決めて、10-3で前半が終了する。

後半は近鉄も反撃し、PR豊田のトライで同点とし、24分、交代出場のサモが個人技でトライをあげて、17-10とリードを広げる。クボタもこのあたりから細かくパスをつないで攻めはじめ、28分、CTB立川のPGで17-13とし、なおも攻め立てる。そして33分、近鉄が自陣から攻めたところで、ボールがこぼれ、そのボールを獲ったクボタの四至本がインゴール方向へキックし、反応して追いかけたCTBオツコロが中央にまわり込み。20-17と逆転。そのまま逃げ切った。これで、クボタは勝ち点を27とし、グループBのトップ4以内を確定させ、日本選手権出場権を争うワイルドカードトーナメント進出を決めた。

第2試合は、グループAの1位ですでにトップ4以内を決めているパナソニックワイルドナイツと、勝ち点17で4位につける神戸製鋼コベルコスティーラーズの対戦。グループAのトップ4争いは、前節終了時点で2位サントリー(23点)、3位ヤマハ発動機(18点)、4位神戸製鋼(17点)、5位東芝(16点)にしぼられている。神戸製鋼にとっては、なんとしても勝ちたい試合だった。

僅差勝負が予想されたが、パナソニックボールのキックオフを攻め返す神戸製鋼のパスが浮いたところで、パナソニックのWTB北川がインターセプトして先制。4分には、神戸製鋼のノータッチキックを切り返したパナソニックが攻撃を継続し、HO堀江がラインブレイクして、左タッチライン際のCTB霜村にパス。2つ目のトライをあげ、SOバーンズが難しいコンバージョンゴールを決めて、14-0とした。その後も、攻め込んではミス、反則でチャンスをつぶす神戸製鋼とは対照的に、効率よく攻めて2トライを追加。神戸製鋼もトライとPGを返したが、前半は24-10とパナソニックのリードで終了した。

後半の立ち上がりは神戸製鋼がテンポアップして攻める。まずは、ラインアウト後のモールから、交代出場のHO木津がトライして、24-17。パナソニックにPGを返されるも、12分、交代出場のFLジョシュ・ブラッキーの突破からつないで最後はCTBジャック・フーリーがトライラインを駆け抜け、27-24と3点差に迫る。そして、18分、パナソニック陣中盤のラインアウトからNO8マパカイトロの突進を起点に波状攻撃を仕掛け、FL橋本キャプテンがトライして逆転。個々の突破力を生かした攻撃に対し、パナソニックは完全に受けに回った。しかし、27分あたりからはパナソニックが反転攻勢。神戸製鋼は自陣から抜け出せず、パナソニックのJPピーターセンに決勝トライを奪われた。最後に逆転PGのチャンスが訪れたが、この日好調だったCTBクレイグ・ウィングのプレースキックはゴールをそれた。

「スタートの14点が最後まで響いたが、アグレッシブに戦った結果です。課題はありますが、次の東芝戦には修正して勝利を収めたい」と神戸製鋼・苑田監督。橋本キャプテンも「個々に前に出られたのは良かった点」と前向きに語った。勝ったパナソニックの中嶋監督は、「前半の途中からロータックルができなくて、神戸製鋼の流れになってしまった。一人一人のタックルの精度を高めないと優勝できないと痛感する試合でした」と笑顔なくコメントした。

他会場も含めて、結果は以下の通り。

サントリーサンゴリアスが勝点28として、グループA・4位以上が確定となり、プレーオフトーナメントへの出場が決定した。サントリーは2006-2007シーズンから8季連続のプレーオフ進出となる。

■トップリーグ・セカンドステージ第6節結果
近鉄ライナーズ●17-20○クボタスピアーズ(前半3-10)
パナソニック ワイルドナイツ○32-31●神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半24-10)
豊田自動織機シャトルズ●14-41○リコーブラックラムズ(前半0-17)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ○14-11●NECグリーンロケッツ(前半11-11)
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス○27-21●コカ・コーラウエストレッドスパークス(前半10-14)
九州電力キューデンヴォルテクス●21-31○NTTドコモレッドハリケーンズ(前半7-5)
ヤマハ発動機ジュビロ●15-29○東芝ブレイブルーパス(前半10-17)
キヤノンイーグルス●25-58○サントリーサンゴリアス(前半22-24)

  • Line