ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/01

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2014年01月02日

大学選手権準決勝結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

201301021

1月2日は、国立競技場にいた。大学選手権準決勝が今の国立競技場で行われるのはこれが最後。まあ、決勝もあるし、日本選手権もあるから、見納めではないのだが、1月2日の準決勝は正月ラグビーの華だったから、少し寂しい気もした。朝11時くらいに国立入りしたのだが、あまりに天気が良かったので、まだお客さんがまばらなスタジアムを撮っておいた。この日の観客は、23,455人の発表だった。

大接戦が予想された第1試合の早稲田対筑波は、立ち上がり、筑波がブレイクダウン(ボール争奪局面)で激しくボールを乗り越えて早稲田の反則を誘い、SO山沢のPGで先制。早稲田が自陣からのカウンターアタックでミスをすると、そのボールを切り返して、FB山下がトライし、8-0とリードした。しかし、早稲田は前半20分、CTB坪郷の力強い縦突進でゴールに迫ると、FB藤田がトライ。26分のSO小倉のPGで、10-8と逆転に成功する。スクラムは前半から早稲田が圧力をかけており、この優位性が後半にも生きた。

後半は、筑波が密集周辺を次々に縦突進し、少しずつ前進を始める。後半20分過ぎにも波状攻撃で早稲田ゴールに迫り、まさにトライかと思われたが、ボールがこぼれ、これを早稲田が一気の切り返し。筑波もなんとかカバーディフェンスで食い止めたが、ゴールラインを背負う筑波ボールのスクラムとなる。ここで早稲田が猛プッシュ。押し込みながらSH岡田がボールをインゴールで押さえて15-8と突き放した。最後は筑波FWの足が止まって、早稲田が2トライを追加して決勝進出。「判断のミスはあったが、よく我慢してくれた」と後藤監督も安堵の表情を見せた。

第2試合は、関東大学対抗戦で75-0と帝京が圧倒していたこともあって、帝京有利がもっぱらの下馬評だったが、慶應義塾の奮闘が際立つ試合となった。まずは、帝京大が磯田、森谷という両WTBのトライで10-0とリードしたが、慶應はFW陣が密集サイドを執拗について、トライ。10-7とする。帝京はボール争奪戦での倒れ込み、オフサイドの反則を再三取られてリズムを崩した。ハンドリングエラー、ダイレクトタッチのミスも多かったが、これは第1試合の両チーム、慶應にもあって、強い風の影響もあったかもしれない。

後半は、帝京が1年生SO松田、2年生HO坂手のトライで24-7とリードを広げたが、慶應も、タックルポイントを少しずらし短いパスをつなぐなど工夫した攻撃でゲインし、何度も帝京防御の裏に出た。結局は帝京が地力を発揮したが、慶應の健闘が試合を引き締めた。FWの平均体重で10キロ劣る中での頑張りは立派だった。

しかし、帝京の選手達の自信は揺るぎない。中村キャプテンは「慶應の気持ちを、タックルで見せつけられました。反省点の多い試合でしたが、ステップアップできる試合を経験できて良かったです」と淡々と試合を振り返った。

※追記=コメント欄でご質問ありました早稲田のスクラムを押し込んでのトライですが、「スクラムはボールがゴールラインを越えた時点で終了する」というルールがあり、攻撃側はトライすることができます。

この結果、1月12日、国立競技場での決勝戦は帝京大学対早稲田大学というカードになった。キックオフは、午後1時。

■大学選手権準決勝結果
早稲田大学○29-11●筑波大学(前半10-8)
帝京大学○45-14●慶應義塾大学(前半10-7)

  • Line