ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/01

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2014年01月04日

トップリーグ2ndステージ第5節結果(4日開催分)

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

1月4日は、トップリーグ・セカンドステージの第5節の3試合が行われた。秩父宮ラグビー場へは行けずにテレビ観戦。パナソニックとキヤノンは前半こそ拮抗したが、キヤノンの2人のシンビンもあって、最終的には53-3という大差になった。キヤノンもディフェンスでよく粘っていたが、パナソニックはスクラムで圧力をかけ、タックルも的確だった。SOベーリック・バーンズの動きは見るたびに感心させられる。卓越した判断力を支える、パス、キック、ランのスキルレベルが高い。素早いロングパスだけでディフェンスを切り裂くし、スペースがなければ自ら走って防御をかく乱する。基礎スキルの大切さを毎度思い知らされる。

秩父宮ラグビー場の第2試合、NECと神戸製鋼の試合も前半は拮抗。後半は開いたのだが、神戸製鋼はSHからの一つのパスで、ランナーが次々に走りこんでゲインラインを突破しようとした。この仕掛けは効いていたし、このチームが得意とするオフロードパスも相変わらず精度が高かった。SO正面の個人技も見事。特に、後半24分、自ら前に出ながら内側へのパスで生み出したCTBジャック・フーリーのトライは、思わずフーリーも称賛する高度なパスだった。両手両足を自在に使える正面選手ならではのプレーだ。

グループBの1試合は、クボタがNTTドコモを下している。なお、この試合で、ドコモの箕内拓郎選手がトップリーグ29人目となるリーグ戦通算100試合出場を達成した。最初の試合は、2003-2004シーズン第1節(秩父宮ラグビー場、2003年9月14日、NEC対リコー戦)だった。現在の出場試合数トップ(1月4日現在)は、東芝・大野均の128試合。2位は、大西将太郎(豊田自動織機)の127。

■トップリーグ・セカンドステージ第5節結果(1月4日開催分)
キヤノンイーグルス●3-53○パナソニック ワイルドナイツ(前半3-13)
NECグリーンロケッツ●17-33○神戸製鋼コベルコスティーラーズ(前半10-12)
NTTドコモレッドハリケーンズ●12-28○クボタスピアーズ(前半0-21)

お知らせ◎日本代表の分析スタッフが、トップリーグ公式アプリを用いて、新たなラグビーの見方を案内するコラム、「日本代表分析スタッフが紐解く『ラグビー因数分解』」がトップリーグTL公式サイトで掲載されています。1月5日に味スタで行われる東芝対サントリーのみどころも、分析スタッフならではの視点で解説されているので、ご興味のある方はぜひどうぞ。
http://www.top-league.jp/news/news23512.html

  • Line