ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2014/01

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2014年01月24日

ラグマガ2014・3月号発売

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

1月26日、近鉄花園ラグビー場で行われるトップチャレンジ1の試合メンバーが発表になっている。第1試合では、三菱重工相模原で元ウエールズ代表WTBシェーン・ウィリアムズが出てくる。第2試合、トップリーグ自動昇格のかかるHonda 対 福岡サニックス戦も楽しみなメンバーが並ぶ。ぜひ、ご観戦を。
http://www.top-league.jp/

Cover_20143

1月25日は、ラグビーマガジン3月号発売日(地域によって遅れるところがあります)。今号は、もちろん、各種全国大会特集である。大学選手権5連覇の帝京大のレポートでは、その強さの理由がたっぷりと。「小さなことをコツコツと積み上げたら、キツイときに頑張れるようになる。『そうなるんですよ、本当に』」。こういうのは、決勝戦で途中出場ながら力強い突進を何度も見せた大和田立だ。北海道・美幌高校出身。練習が終わるたびに、グラウンド脇のトイレ掃除をしていた。その他にも積み重ねた努力がいろいろと書かれている。勝利に近道はないことが、よく分かる。

高校日本一の東海大仰星のレポートは、泣ける。決勝戦で、桐蔭学園にトライされたとき、インゴールで話していたことも紹介されている。それとは別に湯浅監督は言う。「どんだけ不利な状況でも、やれるという空気を作れるかどうかは、普段のお前らにかかっている、という話を以前にしたんです。スタンドで見ている人たちに応援したいと思われるチームであるかどうか。もちろんホームアドバンテージもありますが、今年はそこまで引き込むことができたんじゃないかと感じます」

巻頭インタビューは、スーパーラグビーに挑戦する立川理道選手。当初の報道には戸惑ったそうだ。「ブランビーズの練習に入れてもらって、そこで見極められる。契約したとか、サインしたわけではないんです」。「フミさんや、堀江さんのように、誰が見ても変わった、と思われるようになりたい」

エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチのインタビューもある。脳梗塞での入院から元気を取り戻したジョーンズHC。コメントに以前と変化がある。「ジャパンをクオーターファイナル(決勝トーナメント)に入れます」。世界トップ10から一歩踏み込んだ。体調のこともあり、いろんなことをするのではなく、日本代表に集中する意気込みも見える。「W杯の出場権を得たら(※春のアジア五カ国対抗優勝で決まる)、そこからはクオーターファイナルに向けて、すべてをつなげていきたい。自分達のゲームプランも、南アフリカに勝てるゲームプランというものを導き出し、徹底してやり続けます」

春の日本代表メンバーは、日本選手権後に発表される予定。

  • Line