ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/12

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2013年12月02日

TL2ndステージ12月1日の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

日曜日は、東大阪市の近鉄花園ラグビー場だった。JSPORTSでトップリーグのセカンドステージ2試合を解説したのだが、前日同様、僅差の試合となった。

第1試合は、グループB(ファーストステージの下位グループ)の近鉄対NTTドコモの対戦。5位から7位は入れ替え戦、8位は自動降格とあって、各チーム、絶対に負けられない試合が続くのだが、この試合も白熱した。互いにPGを決めて、3-3で迎えた前半12分、ドコモはSO茂木のグラバーキックを、CTBミフィポセチがインゴールで押さえて8-3とリード。しかし、近鉄もすぐにSO重光がトライを返した、10-8と逆転する。24分にもSH金がモールサイドをついてトライを追加し、前半は15-8と、近鉄リードで折り返した。

後半も一進一退の攻防が続き、18-13と近鉄リードで迎えた34分、ドコモは、交代出場の箕内、フィルヨーンらを軸にゲインラインを突破し、最後は、フィルヨーンのキックパスを、茂野がキャッチしてトライ、フィルヨーンのゴールも決まって、20-18と逆転に成功する。このまま逃げ切るかと思われたが、38分、近鉄は、ドコモのラインオフサイドで得たPKからSO重光がPGを決めて再逆転し、接戦を制した。

20131201

第2試合は、グループAのトヨタ自動車と東芝というフィジカルに自信を持つチーム同士の戦いとなった。トヨタは、巨漢LO谷口智昭がふくらはぎの肉離れが癒えて今季初先発。東芝FWとの戦いに身体を張った。東芝は、ルーキーのFLリーチ・マイケル、SH小川高廣、CTB渡邊太生、WTBクーパ・ブーナが今季初先発するなど、ファーストステージに比べて若い選手が躍動した。

先制したのはトヨタ。FL吉田光治郎がラックサイドをすり抜けてトライをあげる。東芝は、前半27分、キックを追ったFB豊島翔平が俊足を生かしてトライして逆転。後半15分には、SH小川がラックサイドを抜け出して、14-5とリードを広げる。トヨタも吉田光治郎がトライを返したが、後半20分、投入された元オールブラックスのCTBリチャード・カフイが試合の流れをいっぺんに変える。トライを奪われた直後のキックオフで、トヨタのWTB彦坂がボールをキャッチした刹那、カフイが猛烈なタックルで彦坂を仰向けにひっくり返す。このタックルでチャンスをつかんだ東芝が、FLリーチがトライをあげて、21-12と突き放した。小川の活躍も見事だったが、カフイの激しいタックル、パワフルな突破は、往年のスコット・マクラウドを彷彿させる活躍だった。

6月の日本代表戦での怪我からの復活となったリーチ主将は、「11月にやってきたことに間違いはなかった」と、フィジカル面の厳しいトレーニングを積んだ成果を語った。

■トップリーグ・セカンドステージ第1節・12月1日の結果
近鉄ライナーズ○21-20●NTTドコモレッドハリケーンズ(前半15-8)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ●12-27○東芝ブレイブルーパス(前半5-7)
クボタスピアーズ○30-7●豊田自動織機シャトルズ(前半6-0)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ●23-37○サントリーサンゴリアス(前半6-27)

  • Line