ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/12

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2013年12月22日

大学選手権ベスト4決まる&TL22日の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

22日は、東大阪市の近鉄花園ラグビー場にいた。JSPORTSで大学選手権セカンドステージの京都産業大学対大阪体育大学、立命館大学対明治大学の解説をした。きょうは観客席はかなり冷え込んだようで、試合後に会った知り合いも、みんな「冷えた〜」と語っていた。27日から始まる全国高校大会に観戦に訪れるみなさんも防寒対策は万全で!

この日で、シーズン終了のチームが多く、そんな思いも抱えながらの戦いは胸を打つものがあった。第1試合は、1970年代から関西大学Aリーグで死闘を繰り広げてきたライバル対決とあって、予想以上の僅差勝負になった。スクラム、モールで大体大も圧力をかけたが、決定力は京産大のほうが上だった。前半は風下の大体大が、NO8福本のトライなどで12-7とリードしたが、後半7分、FWの背後にFB山下楽平が現れてFWと一緒に押し込んでトライ。12分には、FL李の縦突進でディフェンスを集めて、BKラインに展開して山下がトライと、決定力を持った山下を効率よく走らせた京産大が、最後は競り勝った。

第2試合は、大混戦のプールCの最後の試合だった。実は、この試合前、慶應義塾大が東海大を破ったという情報が入り、この時点で、明治が勝てば明治が1位通過。明治が負ければ慶應が1位つうかになることが決まった。だから、どちらかといえばモチベーションは明治が高いはずなのだが、試合内容からみると明治は勝利を意識してやや硬くなっていた気がする。逆に立命館は「後輩たちに残してあげられるような試合をしようと思っていました」(庭井キャプテン)という言葉通り、今季取り組んできた鉄壁のディフェンスを披露し、再三、明治FWの波状攻撃を受けたが、最後までゴールラインを割らせなかった。

前半30分、立命館はPKから速攻を仕掛けたSH井之上がトライ。39分には、連続攻撃でパスをつなぎFL萩原がトライして、12-3と前半をリード。後半も粘りの防御で明治を1トライに抑えて12-10で競り勝った。「勝っても負けても次はない。やってきたことを出し切ろうと送り出しました。明治を破るという、チームにとって新しい歴史を作ってくれた選手を誇りに思います」。中林監督は目を潤ませた。

22日の全試合の結果、全チームの勝ち点が確定し、1月2日の準決勝組み合わせが以下のように決まった。
◇2014年1月2日 国立競技場
12:15 早稲田大学 対 筑波大学
14:00 帝京大学 対 慶應義塾大学

■大学選手権2ndステージ第3節結果
流通経済大学●11-36○筑波大学(前半3-19)
帝京大学○76-19●大東文化大学(前半31-14)
慶應義塾大学○10-7●東海大学(前半5-0)
早稲田大学○57-7●中央大学(前半36-0)
関西学院大学○50-0●朝日大学(前半10-0)
同志社大学○60-17●日本大学(前半13-17)
京都産業大学○31-24●大阪体育大学(前半7-12)
立命館大学○12-10●明治大学(前半12-3)

トップリーグの結果は以下の通り。パナソニックはイーリー・ニコラスのPGで逆転勝ち。今季最後の地元・太田での試合を飾った。

■トップリーグ2ndステージ 第4節結果(22日分)
パナソニック ワイルドナイツ○14-12●東芝ブレイブルーパス(前半8-5)
サントリーサンゴリアス○49-7●トヨタ自動車ヴェルブリッツ(前半35-7)
リコーブラックラムズ●19-24○近鉄ライナーズ(前半9-17)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ○48-19●キヤノンイーグルス(前半31-7)

  • Line