ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/12

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2013年12月15日

トップリーグ2ndステージ第3節・日曜の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

15日の日曜日は、神戸のノエビアスタジアムだった。阪急電車を乗り継ぎ、地下鉄で御崎公園へ。この日は朝から女子のセブンズが行われていた。試合前のイベントでは、アカペラコーラスグループの「パーマネントフィッシュ」がクリスマスソングを歌って盛り上げた。これ、良かったなぁ。

トップリーグ・セカンドステージの第3節、神戸製鋼対トヨタ自動車は両者ここまで2敗同士で、7位と8位の対戦。ここで負けると、トップ4によるプレーオフトーナメント進出が難しくなる。序盤は互いに激しく動いた。前節は、ヤマハ発動機の準備された動きに翻弄された神戸製鋼だが、この日は、立ち上がりから、「4トライのボーナス点をとって勝利」の意識に統一され、アグレッシブに攻め続けた。

試合の流れを決定づけたのは、前半17分、相手ボールのスクラムをめくり上げるように押し込んでボールを奪ってのトライだった。FW第一列は一番スクラムの強いユニットを組み、ここで圧力をかける作戦がはまった。23分には、SOに入ったクレイグ・ウィングからパスを受けたCTBジャック・フーリーがトライ、30分、ペネルティートライ、そして36分、優位なスクラムからNO8マパカイトロがサイドアタックしてWTB今村雄太につなぐトライで、早くも4トライのボーナスポイントをゲット。後半はトヨタ自動車の猛反撃に劣勢になる時間が長かったが逃げ切った。

「攻撃的なフロントスリー(SOウィング、両CTBフーリー、アンダーソン)を組みたかった」という苑田監督の言葉通り、この3人はよく前に出た。後半最初のトライも、ウィングがラインアウトから抜け出したもの。終盤には、怪我の癒えたSOピーター・グラントを投入し、16点差に引き離すPGを成功させた。

「まだ優勝の可能性は残っています」と橋本キャプテン。怪我のグラント、長身LOアンドリース・ベッカーも戻ってきた。主力に負傷は少ない。この日の勝利で神戸製鋼が勢いを取り戻せば、トップ4争いはさらに混沌とするのだが。

トヨタ自動車はセットプレーで圧力を受け、せっかくターンオーバーしても切り返しのアタックでミスを繰り返した。負傷者も多く、すぐに立て直せるのか不安の残る戦いぶりだった。

■TLセカンドステージ第3節、15日の結果

クボタ●18-20○NTTコミュニケーションズ(前半8-0)
リコー○36-20●NTTドコモ(前半12-15)
近鉄○31-15●九州電力(前半19-3)
神戸製鋼○34-18●トヨタ自動車(前半24-10)
コカ・コーラウエスト●24-29○豊田自動織機(前半12-26)

  • Line