ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/11

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2013年11月23日

関西大学Aリーグ23日の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

土曜日の早朝、東京から京都へ。紅葉シーズンとあって京都駅の人の多さに驚きながら西京極へ。ちなみに、京都の紅葉の一番の見ごろは来週末あたりまで。

きょうは、関西大学Aリーグの京都産業大学対関西大学戦をJSPORTSで解説した。3位を確定させている京産大と、入替戦に行くことが決まっている関大と、ともに次の目標に向かっての試合という感じになったが、立ち上がりから関大がボールをワイドに展開して好スタートを切る。しかし、ここでスコアできなかったことが後に響いた。

京産大は、前半9分にFB山下のPGで先制すると粘る関大ディフェンスに苦しみながら、前半終了間際にNO8李がトライして、8-0で前半を終了。後半は一転して関大がボールを素早く動かしてフラットパスを連続し、CTB畑中、WTB増田のトライで逆転。拮抗した展開になる。しかし、京産大が縦に強く走り込むプレーを連続させながら流れを作り、再逆転から徐々に突き放し、5勝2敗とした。

201311231

第2試合は、最後までもつれる展開になった。序盤は大阪体育大学が攻勢に出て、前半12分、まずはCTB奥のトライで、5-0とリード。17分、同志社大学もSO渡邉が2本のPGを返して、6-5と逆転。次第に同大ペースとなり、34分、HO秋山がトライして、13-5。後半9分には、WTB松井のカウンターアタックから、再び秋山がトライして18-5と突き放す。しかし、後半20分を過ぎてからは大体大が勢いを取り戻し、21-5で迎えた20分、ラインアウトからFL竹内がトライして12-21とし、直後には、ラインアウトからモールを組み、同大がモールに入らない判断をした瞬間にLO秋山がど真ん中を駆け抜けて、19-21と2点差に迫った。

俄然会場が盛り上がる中で、同大はWTB宮島のトライで、26-19と再び引き離す。しかし、大体大は直後のキックオフの同大のキャッチミスを逃さず、HO長崎が大きくゲインし、捕まったところのブレイクダウンに、竹内が真っすぐに走り込んでトライ。WTB沢良木が難しいコンバージョンを決めて、26-26と同点に。その後、互いに一回ずつのPGチャンスが巡ったが、両者ともに失敗。そのまま引き分けた。

追いつかれた同大の山神監督は「(流れが変わったところまでは)最高の動きだったんですけどね。ディフェンスも悪くなかった。あの瞬間だけエアポケットに入ってしまって、体大の強さを引き出してしまった。まるで、昔の同志社・大体大の試合を見ているようでしたね」と、自身が現役選手だった当時にしのぎを削った試合を思い出していた。

■関西大学Aリーグ最終節、23日の結果
京都産業大学○37-12●関西大学(前半8-0)
同志社大学△26-26△大阪体育大学(前半13-5)

  • Line