ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/11

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2013年11月30日

関西大学Aリーグ最終戦結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

30日の土曜日は、関西大学Aリーグの天理大学対立命館大学戦を、JSPORTSで解説するため、近鉄花園ラグビー場に行っていた。立命館大学が勝てば12年ぶりの関西リーグ制覇、天理大学は負ければ全国大学選手権出場の道が断たれる。互いにモチベーションは高く、接戦が予想されたが、前半から流れは立命館大学に大きく傾いた。

前半7分、連続的な縦突進でゴールラインに迫ると、SH井之上が密集サイドのディフェスを引き付けて、WTB高木がトライ。15分には、反撃に出た天理が攻め込んだところでパスミスを犯し、前に出る立命館の選手が足でひっかけ、WTB高木が跳ねたボールをキャッチしてトライし、14-0とリードした。

このあたりから流れは一方的になる。激しく前に出るディフェンス、ジャッカルもあり、接点では立命館が優位に。俊足WTB吉原のその能力の高さを存分に発揮して2トライ。後半は天理も途中出場のモセセ・トンガの2トライなどでは反撃したが、終盤は立命館がFW周辺をしつこく攻めてボールをキープし、さらにトライを加えて突き放した。

「一回生のときから、中林監督を胴上げしたいと思ってきたので嬉しいです」と、庭井キャプテン。その言葉通り、表彰式終了後は監督を胴上げしていた。立命館大学は関西1位の大学選手権に出場し、慶應義塾大、東海大、明治大と同じ組で、準決勝進出を目指す。

一方、天理大は関西リーグ6位となり、大学選手権に出られなくなった。「流れが悪かったですね。でも、実力差がありました」と小松節夫監督は完敗を認め、チームの再建を誓った。この結果、関西大学Aリーグの順位が確定(1位=立命館大、2位=同志社大、3位=京都産業大、4位=関西学院大、5位=大阪体育大)。それぞれ関東勢との戦いに挑む。

■関西大学Aリーグ最終戦の結果
天理大学●21-54○立命館大学(前半7-33)

ジャパンラグビー トップリーグ2013-2014のセカンドステージが開幕した。以下、結果のみだが、予想に違わぬ僅差勝負が多くなっている。

■トップリーグ・セカンドステージ 第1節(11月30日開催分)結果
NECグリーンロケッツ●19-22○キヤノンイーグルス(前半10-14)
パナソニック ワイルドナイツ○24-20●ヤマハ発動機ジュビロ(前半7-7)
九州電力キューデンヴォルテクス○38-36●NTTコミュニケーションズシャイニングアークス(前半17-17)
コカ・コーラウエストレッドスパークス○32-17●リコーブラックラムズ(前半10-0)

  • Line