ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/10

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2013年10月06日

TL第5節日曜日の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

日曜日は快晴の近鉄花園ラグビー場で、トップリーグのファーストステージ、プールAのサントリー対豊田自動織機をJSPORTSで解説し、神戸製鋼対トヨタ自動車戦を取材した。

第1試合は、サントリーがWTB長野のトライで先制し、アタッキングラグビーで加点するかと思われたが、豊田自動織機もSOジェラードを軸によく攻め、互角の攻防を繰り広げる。前半を終えて21-7とサントリーリード。豊田自動織機にとっては、前半30分あたりでマーク・ジェラードが負傷退場したのが痛かったが、大西将太郎がその穴を埋め、狙い澄ましたタックルで相手ノックオンを誘うなど活躍。後半もチームを引っ張った。

豊田自動織機の攻めをサントリーがしのぎ、切り返す展開が続いた後半10分、豊田自動織機のWTB赤石がインターセプトから約90mの独走トライ。これで、24-14と10点差。サントリーの運動量が落ち、豊田自動織機のアタックが何度もラインブレイク。だが、サントリーも最後の一線は越えさせずに逃げ切った。豊田自動織機も大西がPGを加え、7点差としてボーナス点を獲得している。

サントリーの大久保直弥監督は「予想通りタフなゲームでした。サントリーに隙があったというより、織機さんの果敢なアタックに翻弄されたということです」とコメント。ただし、後半、FWの運動量が落ちたことについては不満だったようで、「眠っているのか思った。引き続きハードな練習をしていきます」と今後を見据えた。

第2試合は、セカンドステージの上位グループ進出に向けて、どうしても負けられないトヨタ自動車が健闘し、前半を15-10とリードで折り返す。後半も立ち上がりからトヨタ自動車が攻勢に出て、WTB彦坂がこの日2本目のトライをあげる。スコアは、22-10。その後、神戸製鋼が攻め込んだが、トヨタはWTB彦坂が2人、3人とタックルを振り切っての独走で3本目のトライ、24分には、味方のキックを追ってこの日4本目のトライで36-10と突き放す。神戸製鋼は攻めてはハンドリングエラーの繰り返し。ちぐはぐな攻撃が続いた。33分、なんと彦坂が5本目のトライ。終わってみれば、41-10という大差になった。

神戸製鋼の苑田ヘッドコーチは、「トヨタのもう負けられないという、ひたむきなプレーにブレイクダウンでプレッシャーを受けてしまった。ファーストタックルも高く入っていた」と、完敗を認めた。勝ったトヨタの廣瀬監督は、「負けたら自力での4位がなくなるプレッシャーのなか、選手はよくやってくれた。セットプレーとディフェンスにフォーカスして練習した結果、ボール保持時間も増えて、いい試合ができた」と、まずはほっとした表情だった。

5トライの彦坂匡克は当然ながら報道陣に囲まれた。「チームの勝利だけを考えてプレーしていたら、うまくボールが来ました。自分の持ち味は一対一の局面で前に出ること。それだけ考えていました」。ちなみに一試合5トライは大学時代に経験があるという。彦坂はこれで今季6トライとなり、サントリーの成田と並んで最多トライゲッター争いのトップを走ることになった。

盛岡では、ヤマハ発動機が東芝に勝ち、これで全勝チームはなくなり、負けなしのチームもヤマハだけとなった。

■トップリーグ第5節結果(6日)
豊田自動織機●17-24○サントリー(前半7-21)
神戸製鋼●10-43○トヨタ自動車(前半10-15)
キヤノン●24-37○クボタ(前半10-20)
東芝●17-33○ヤマハ発動機(前半10-5)

  • Line