ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/10

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2013年10月24日

増田慶介選手に会う

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

24日の午前中は、東芝ブレイブルーパスのグラウンドに行っていった。増田慶介選手のインタビューだったのだが、少し、練習も見ることができた。リーチ・マイケルキャプテンも、リチャードカフイ選手もグラウンドに中にいる。怪我の回復も順調なようだ。セカンドステージからは出てくるかな。その前に、東芝は大事な試合がある。27日、対近鉄ライナーズ。もし負ければ、セカンドステージでの上位グループへの進出は、他チームの結果次第ということになる。週末は台風が迫ってきており、移動を早めるなど、各チーム、対応に追われているようだ。

201310241

入社3年目の増田慶介選手は、力強い攻守で今季の東芝BKの要になっている。183㎝、96㎏という堂々たる体格のCTBだ。「トップリーグで一番寡黙な男かも」という声をあったので、やや不安だったのだが、たくさん話してくれて、あっという間に1時間が経過していた。長崎ラグビースクール、長崎北高校、慶應義塾大学というのは、サントリーの竹本竜太郎選手と同じコースなのだが、竹本選手はいつもリーダーで増田選手は子供の頃から口数が少なく、前には出て行かないタイプだったようだ。

長崎生まれかどうか確認したら、東京生まれで、新潟、青森、長崎と転々としていた。お父さんの転勤で引っ越しが多かったのだとか。青森時代は弘前市に住んでいて、その頃に弘前ラグビースクールに通い始めた。少しの間しか在籍しなかったから、公的なプロフィールからは抜けている。趣味について聞くと、なかなか答えが出なかったのだが、以前、同じ東芝の三上正貴選手が、熱帯魚について語ってくれたとき、「寮を留守にするときは、増田選手に餌など頼む」と聞いていたので、その話を振ると、実は三上選手が熱帯魚の飼育を始めたのは、増田選手に水槽をもらったことがきっかけだったらしい。

増田選手は大学時代から、ウーパールーパーを飼い始めて、今も寮の部屋には、2つの水槽があり、いろんな熱帯魚を飼っている。「ウーパールーパーは、僕の手から餌を食べてくれたりして、犬とかの感覚に近いです」。ちなみに、犬も大好きで実家には、ミニチュアシュナウザーが二匹いる。「一匹は僕の初任給で母にプレゼントしたものです」。そんな優しい一面も。写真は、「笑って〜」と言って撮ったもの。カメラ目線ではこれがマックスみたいだ。

このインタビューは、11月下旬発行予定の日本協会のJRFUメンバーズクラブ会報誌に掲載されるもの。もちろん、趣味の話ばかり聞いたわけではないので、ラグビーの話は、その誌面で紹介したい。

お知らせ◎以前もお伝えしましたが、11月22日、ラグビー愛好日記トークライブを、下北沢で開催します。
「奇跡の弱視ラガーマンの人生」と題し、神谷考柄さんを迎えます。近著「夢みるちから〜仲間がいるからがんばれる」(新評論刊)では、わずかな視力でラグビーをするまでに成長していく自らの人生を素直な筆致で表現しました。両親や学校の先生は考柄君にどんな言葉をかけたのか、仲間たちのどんな態度が考柄君を勇気づけたのか。数々の試練を乗り越えたご本人の言葉で、たっぷり語っていただきます。学校の先生とか、ラグビー選手を持つご父兄の方々にぜひ聞いてもらいたいと思っています。

日時:2013年11月22日(金)
19:00開演(18:30開場)
会場:Com.Cafe 音倉
http://www.otokura.jp/access/
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2-26-23 EL NIU B1F
(NTTdocomoが1Fに入っているビルの地下)
京王線・小田急線 下北沢駅 北口・西口1 より徒歩2分

ホスト:村上晃一
ゲスト:神谷考柄(東大阪市立日新高校ラグビー部OB)
参加費:3,000円
※ライブ中ご飲食自由です。音倉の美味しいお料理もおたのしみください。(飲食代別途)

■申し込みは以下まで。
文鳥舎 佐藤
bunchou@jcom.home.ne.jp
042-421-0406

  • Line