ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/10

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2013年10月23日

日本代表 激闘の記憶 発売

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

201310231

10月23日、「ラグビー日本代表 激闘の記憶1930-2013 よみがえる桜の歴史」が、ベースボール・マガジン社より発売になった(定価 1,200円)。 日本代表の全キャップホルダーの写真名鑑があって貴重な資料になっている。キャップホルダーNo.1は、1930年のカナダ遠征に参加した、矢飼督之(やがい・ただゆき)さん(故人)。1909年生まれで、慶應義塾大学時代に日本代表になっている。そして、もっとも新しいキャップホルダーは、帝京大学の中村亮土(なかむら・りょうと)選手。1991年生まれ。573人目のキャップホルダーである。

現在、入院中のエディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチが、6月15日のウェールズ戦を振り返ったインタビューや、オールブラックス戦の見どころを語っているページもある。過去の日本代表選手の証言による、さまざまな試合の再現も面白い。

僕は、日本代表史と、1979年の日本代表対イングランド代表の激闘を書かせてもらった。日本代表は金星を逃したという意味では、1971年の3-6よりも惜しい試合である。巻末のコラムには、原田隆司レフリーのことも書いた。この人は、ある試合を見たことでラグビーにはまった。人生を変えるほどのインパクトある試合。今度のオールブラックス戦がそんな試合になってくれたらいいなと思う。

証言構成で振り替えられる試合は以下の通り。この他、オールブラックス戦の見どころや日本との対戦史もあるので、これを読んで観戦すると、より楽しめるかもしれない。そうそう、最後のスシローの広告、笑えます。

1=2013年ウエールズ戦
「日本道」
2=1968年オールブラックス・ジュニア戦
「計算ずくの金星」
3=1971年イングランド戦
「目撃者たちの確信」
4=1979年イングランド戦
「最後の覚悟」
5=1983年ウエールズ戦
「本場の心に響いた原点」
6=1989年スコットランド戦
「極上のシナリオ」

  • Line