ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/10

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2013年10月08日

ニコラス ライアン選手に会う

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

201310082

8日は、サントリーサンゴリアスのグラウンドに行って、ニコラス ライアン選手のインタビューをした。クラブハウスには、サントリーの代々のジャージが飾られている。それぞれのジャージを眺めていると、そのジャージを着た選手の顔が浮かんだ。本城、土田、栗原、清宮、エニス、尾関、坂田、中村直人…。

201310083

そして今は、ニコラス選手の抱いているサンゴリアス君が着ているジャージである。

201310081

ニコラス選手には、1000得点のことなど聞いたのだが、9シーズン目で1000点に到達したことについては、「大きな怪我もなくやってきたこと、プレースキックのコツをつかんで成功率が高まったこと」などあげていた。ニコラス選手といえば、スーパーラグビーがスーパー12だった時代のハイランダーズでプレーしていたのだが、そのころは、トニー・ブラウンや、日本のワールドでプレーしたウイリー・ウォーカーなど、プレースキックの達人が正キッカーではなかった。日本に来て上達した選手である。

息子さんは7歳で、いま、東芝のラグビースクールに通っているのだとか。「このあたりには、あそこしかスクールがないからね。僕もときどき教えに行きます。面白いよ」。ちなみに、息子さんの名は、「マラマ」。ニコラス選手のお父さんが、クック諸島の出身で、「月」という意味らしい。ニコラス選手の家系は、代々、長男に「マラマ」と名付けるのだとか。かっこいいしきたりだなぁ。

今後の目標とかいろいろ聞いたのだが、「引退するんまでに、何回優勝できるかだね」と、一年一年の勝負を誓っていた。

  • Line