ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/10

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2013年10月25日

ラグビーマガジン12月号

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

Cover_201312

12月25日は、ラグビーマガジン12月号の発売日。今号は、定価1,000円で、オールブラックス来日記念の別冊付録がついている。基礎知識として、各国との対戦戦績の勝率なども書いてある。スコットランドやアイルランドですら、オールブラックスには一度も勝ったことがないんだなぁ、なんて再確認して、その強さを思い知ったりもする。

2013_12_allblacks

表紙はダン・カーター。ここにきて、ダン・カーターも、リッチー・マコウも試合に出るんじゃないかなんて話もあるが、まあ、こればっかりはどうなるか分からない。28日に来日するメンバー27名に入っていたとしても、日本戦でジャージをまとう23人に入るかは直前まで分からないから。

本誌の方はトップリーグ、各大学リーグの試合レポートが中心。もちろん、日本代表合宿レポートも。「ピックアップ・プレーヤーズ」では、外国出身選手として初めてトップリーグ100試合出場を果たしたオト ナタニエラの(東芝/FL)インタビューがある。大きな怪我がなかったことを質問されて、「自分にとっては、歩けなくなるのがケガ。歩けたらケガじゃないと思っています」って、なんと凄まじい考え方だ。ヤマハ発動機の池町信哉、日野剛志、NECの釜池真道も紹介されている。

チームでは、中央大(関東大学リーグ戦1部)、京都産業大(関西大学Aリーグ)といった、好調なチームのルポも。解体心書は、和田拓(キヤノンイーグルス)、巻末インタビューは、沖土居稔(元日本代表)。1987年に来日したオールブラックスからトライを奪った男だ。僕と同い年。一緒に試合したこともある。沖土居君、ひさしぶり〜。

  • Line