ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2013年09月01日

TL開幕節9月1日結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

9月1日は、豊田スタジアムに行っていた。2試合とも面白い戦いだった。JSPORTSで2試合解説したのだが、1試合目はNTTドコモがアグレッシブに攻めて主導権を握り、新加入のFBフィルヨーン、WTB平瀬のインターセプトのトライなどで、29-7で勝利。SO茂木、良かった。マンオブザマッチは、箕内拓郎だった。

2試合目は、豊田自動織機が激しく前に出るディフェンスでトヨタ自動車を苦しめ抜いた。SOマーク・ジェラードのロングキックで陣地をとり、NO8カンコウスキーが幅広くディフェンスで機能。CTB大西将太郎もよくボールに絡んだ。途中出場の河合のしびれるタックルもあって、自動織機ファンは大興奮だったろう。しかし、終盤はトヨタ自動車がSH麻田一平、SO黒宮らを投入してリズムを変え、NO8菊谷崇、FLジェローム・カイノらが次々に突進、途中出場の川西のトライで同点に追いつくと、終了間際に黒宮が22mラインと10mラインの左中間から決勝PGを決めて、ノーサイドとなった。マンオブザマッチは、豊田自動織機で2トライをあげた、朝見力弥。

「フィジカルにプレーして、もっとアタックしたかったのですが、自分達のミスでフェイズ重ねられず残念です。でも、最後まで自分達のラグビーをしようとしてくれて、逆転まで持っていってくれたことは選手に感謝しています。後半はカウンターアタックを積極的に仕掛けて、リズムが作れたと思います」(廣瀬監督)

■TL開幕節・9月1日結果
NTTドコモ○29-7●九州電力(前半17-7)
トヨタ自動車○21-18●豊田自動織機(前半6-8)

  • Line