ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2013年09月28日

TL第4節土曜の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

28日(土曜日)の深夜は、JSPORTSでザ・ラグビーチャンピオンシップの解説だったのだが、その前に秩父宮ラグビー場でトップリーグの2試合を取材。前夜の反省で上着を準備して万全の態勢も、Tシャツ一枚で観戦する猛者もいて驚く。今季のトップリーグ最後のナイター試合だった。

第1試合は、NTTコムがボールを保持して攻め続け、前半2分にWTB小泉、SO君島らの突破からCTBサンダーズが先制トライ。主導権を握り、以降も攻め続けた。しかし、トヨタ自動車も力強いタックルで応戦し、ゴール前のピンチを切り抜けると、23分に、WTB彦坂が左タッチライン際を駆け抜けて7-7の同点とする。NTTコムは何度もチャンスと取りきれないシーンが続いたが、38分、WTB友井川が左コーナーぎりぎりでボールが止まったところを押さえて、14-7とする。

後半はトヨタがWTB遠藤のトライで点差を詰めたが、32分、NTTコムがハーフウェーライン付近から小泉が2人、3人と抜き去ってトライ、君島が難しいコンバージョンゴールを成功させ、21-12として勝負を決めた。「完敗でした。ブレイクダウンで圧力をかけられず、ボールが奪えなかった」とトヨタの廣瀬監督は淡々と語った。

201309281

第2試合は、NECとNTTドコモが対戦。前半8分にドコモが先制したが、以降は、NECが攻勢に出て、接点で圧力を受けたドコモの防御は後手を踏んだ。NECは、11分にドコモ陣22mライン右中間から左オープンに展開し、最後はWTB釜池真道がトライ。その後、SOウェブ将武のPG、トライ、FLニリ・ラトゥーのトライで、24-3と突き放した。ドコモもFB才口がラックサイドをすり抜けてトライを返したが、前半は、27-8とNECリードで折り返す。

後半は、ドコモがマイボールのキックオフを確保する好スタートも、切り返され、NECが次第にペースを握った。ドコモは、13分にWTB茂野がFLブルソーのパスを受けてトライしたが、箕内、交代出場の宮里がチームとしての反則の繰り返しで、相次いでシンビン(10分間の一時退場)。13人の時間帯もあり、苦しい試合になった。

後半26分に箕内が戻り、14人に。この間、NECはハンドリングエラーもあって攻めきれなかったが、28分、HO臼井がタックルをかわして右中間へトライし、ウェブのコンバージョンも決まって、34-13とする。35分には、ナドロの突進から田村優がトライ。完全に突き放した。ウェブはこの日、5G、2PGとすべてのゴールを決めた。

ともに途中出場だったが、NECのWTBネマニ・ナドロと、ドコモWTBシレリ・ボンボのフィジー代表対決が何度かあって、ふいじー代表では先輩のボンボがナドロにプレッシャーをかけていたのは、なかなか見ごたえがあった。しかし、ナドロほか選手の能力を戦術の中で生かすという点では、NECが優れていた。

「NECはラックの中で一人一人のコンタクトが強かった」とドコモの吉岡キャプテン。NECの浅野キャプテンは、勝利を喜びながらも、「80分間、ゲームがコントロールできなかったのは、次への課題」と反省の弁。クーパーヘッドコーチも、「ディフェンスは非常に良かったのだが、個人のミスやストラクチャーのミスで防げるトライを獲られた」と次戦に向けて課題を口にしていた。

■トップリーグ第4節(土曜の結果)
・プールA
九州電力●17 – 47○サントリー(前半5-20)
NTTコム○21-15●トヨタ自動車(前半14-7)
豊田自動織機●21-31○神戸製鋼(前半14-28)
NEC○41-13●NTTドコモ(前半27-8)
・プールB
コカ・コーラウエスト●17-50○ヤマハ発動機(前半17-21)
キヤノン○18 – 17●近鉄(前半12-7)

  • Line