ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2013年09月23日

RWC2019アンバサダー『TEAM2019全国キャラバン』in大阪ワークショップ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

9月23日は、大阪・梅田で「ラグビーワールドカップ2019アンバサダー『TEAM2019全国キャラバン』in大阪ワークショップ」が開催された。僕は、東京で仕事があったために参加できなかったのだが、友人のスポーツライターの鎮勝也さんが、レポートを送ってくれたので、ご紹介したい。

『2019年、日本で開催される第9回ラグビーワールドカップ(W杯)の普及、告知活動のための「ラグビーワールドカップ2019アンバサダー『TEAM2019全国キャラバン』in大阪ワークショップ」が23日、大阪市北区の梅田スカイビルであった。
 このワークショップは東京、熊本に続き3回目。アンバサダーイベントとしては熊本の後にあった茨城を加え4回目となった。
 7月に日本代表キャップ獲得歴代上位者の中からアンバサダーに就任した6人から今回は、大畑大介さん(代表キャップ58、元神戸製鋼WTB)、増保輝則さん(同47、元神鋼WTB)、松田努さん(同43、元東芝府中FB)、元木由紀雄さん(同79、神鋼CTB)の4人が参加した。
 ワークショップの冒頭で元木さんが「19年W杯を成功させるために色々と手伝っていきたい」とあいさつ。組織委員会の徳増浩司事務局長は「ラグビーファンの方から情熱を伝えていただきたい」と話した。
 ワークショップはインターネットなどで参加表明した希望者30人が4テーブルに分かれ、1人のアンバサダーとともに、自己紹介をして、W杯を盛り上げるための「ファンの役割」や「アンバサダーの役割」を模造紙に書き込む形式。司会は元慶應義塾大学ラグビー部監督で組織委員会プロモーション・ワーキンググループの上田昭夫さんがつとめた。
 ファンの間からは「勤め人が観戦できるよう、ナイター試合の増加」、「特に女性向けの防寒対策」、「来場者の興味を増やすため、メンバー表に選手の顔写真掲載」など、19年W杯へのファン獲得に向けた、建設的な意見が多数飛び出した。
 約1時30分のワークショップは来場者全員による記念撮影で終了。その後、アンバサダーを交え、サンドイッチなどの軽食をつまみながら懇親会に入った。会は約1時間で終了した。
 大畑さんは「東京や熊本もそうだったが、来場された皆さんから熱い気持ちをいただいた。自分たちもこれから責任を持って行動したい」と振り返った。
 全国47都道府県を回るこのワークショップ。次回、第4回は来月の10月14日、初の東北となる宮城県仙台市で行われる予定だ』

  • Line