ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2013年09月22日

タイセブンズ、男女結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

女子7人制日本代表(サクラセブンズ)のARFUアジア女子セブンズシリーズ2013 第1戦「タイセブンズ」最終日、サクラセブンズは決勝戦で中国に敗れて準優勝となった。

■最終日試合結果
カップ準決勝
日本○17-0●カザフスタン(前半5-0)
カップ決勝
日本●10-14○中国(前半10-7)


◎ヘッドコーチ 浅見敬子
「準決勝のカザフスタン戦までは良い形で、決勝の中国戦にも準備もしっかりして臨めたが、最後の最後で勝てなかった。そこにはいろいろな原因があると思う。決勝は10分ハーフだったので、日本のフィットネスの優位さを出せる試合にしたかったが、ペナルティーやミスで流れをつかめなかった。また、逆転したところまでは良かったが、その後の得点機に取りきれなかった。最初の入りで簡単に取られてしまったことも、敗因の一つだと思う。これまで取り組んできたアタックやディフェンスでの素早いポジショニングに関しては、質の面ではまだまだだが、それをやり切ろうという意識が選手にあった。通用したところだったので、これからもやり続けたい。
ディフェンスは個々の運動量と身体を張って前に出るというシンプルなところだけに集中してやってきたが、それで、アジアの強豪チーム相手にここまで戦えた。システムも大事だが、個々のタックル技術を高めていきたい。皆様に応援していただいたのに結果が出せず、申し訳なく思っています。次のアジアパシフィック女子セブンズでも引き続き応援をよろしくお願いします」

◎キャプテン 中村知春
「決勝は勝てる試合だったのに、ミスをしてしまったり、試合中に修正できなかったり、また、判断ミスを重ねてしまったりして、自分たちで落としてしまった。まだまだ成長し切れていないと感じた。詰めが甘いところは、これまでもずっと指摘されてきたところ。普段の練習から修正して、次のアジアパシフィック女子セブンズでは必ず優勝し、優勝カップを持ち帰りたい。応援ありがとうございました」

男子7人制日本代表は、並行して行われているHSBCアジアセブンズシリーズ2013第2戦「タイセブンズ」に参加。第1日目の結果とヘッドコーチとキャプテンのコメントは以下の通り。

■第1日目結果(プール戦)
日本○45-5●シンガポール(前半24-0)
日本○24-10●フィリピン(前半5-0)

◎ヘッドコーチ 瀬川智広
「プールの2試合とも勝つことができたのはよかったが、内容は決して良いものではなかった。特にペナルティーを多くとられてしまっていた。その点を修正して、日本ボールで攻撃している時間を多くしていきたい。最終日は必ず優勝したい」

◎キャプテン 坂井克行
「プールで2勝することができたが、ともに課題がとても多く出た試合だった。しっかり気持ちを切り替えて、最終日の3試合で自分たちのやってきたことをすべて出し、優勝したいと思う。(同日、同じ会場で行われたARFUアジア女子セブンズシリーズ第1戦「タイセブンズ」のカップトーナメント決勝で中国に敗れた)女子の悔しい思いの分まで、男子が頑張りたい」

  • Line