ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2013年09月19日

日本代表戦追加&タイセブンズメンバー

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

11月の日本代表のヨーロッパ遠征は、すでに発表されている3戦に加えて、11月12日に、イングランドの国内プロクラブ選手権プレミアシップ所属のグロスターと対戦することが決まった。試合会場は、グロスターの本拠、Kingsholm Stadium。ここは、ラグビーワールドカップ2015で、アジア地区代表がスコットランドとアメリカ地区2位と戦う試合会場。日本にとっては、なお、日本代表はJAPAN XVとしてグロスターと対戦する。

日程:2013年11月12日(火)
キックオフ:19時45分 (日本時間13日4時45分)
会場:Kingsholm Stadium (イングランド・グロスター)

◎岩渕健輔ゼネラルマネージャーコメント
「2013年度は日本ラグビー史上初めてティア1諸国(ウェールズ2戦、NZ、スコットランド)と正規のテストマッチ4試合を組むことができました。(中略)ラグビーワールドカップ2015で勝利を挙げるには、実際に戦う舞台で事前に選手がプレーする必要があると考えていました。このほど、遠征日程を確定しなくてはならないギリギリのタイミングで、Kingsholm Stadiumでの試合を組むことができ大変喜んでいます。これにより、ツアーはよりハードな日程となりますが、ラグビーワールドカップ2015での勝利につながる貴重な機会になると確信しています」

9月21日、22日にタイで開催されるHSBCアジアセブンズシリーズ2013第2戦「タイセブンズ」に参加する男子7人制日本代表、併催されるARFUアジア女子セブンズシリーズ第1戦「タイセブンズ」の女子7人制日本代表のメンバーが発表になっている。

●タイセブンズ・男子7人制日本代表
FW:ロテ・トゥキリ(北海道バーバリアンズ)、小澤大(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)、松延泰樹(東芝ブレイブルーパス)、中島進護(福岡工業大学)、 BK:鈴木貴士(クボタスピアーズ)、坂井克行(豊田自動織機シャトルズ)、伊藤拓巳(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス)、ジェイミー・ヘンリー(PSIコストカッツ)、菅谷優(キヤノンイーグルス)、原田季郎(キヤノンイーグルス)、Utility:ロマノ・レメキ(ホンダヒート)、正海智大(九州電力キューデンヴォルテクス)
【スタッフ】:ヘッドコーチ瀬川智広、S&Cコーチ見山範泰、トレーナー萩野次郎、総務 飯島康弘

●タイセブンズ・女子7人制日本代表(サクラセブンズ)
FW: 藤崎朱里(Rugirl-7)、竹内亜弥(世田谷レディース)、片嶋佑果(Rugirl-7)、中村知春(PHOENIX)、桑井亜乃(立正大学)、鈴木実沙紀(関東学院大学)、横尾千里(世田谷レディース)、BK:兼松由香(名古屋レディース)、伊藤絵美(RKUラグビー龍ヶ崎)、山口真理恵(Rugirl-7)、大黒田裕芽(立正大学)、Utility:加藤慶子(世田谷レディース)
【スタッフ】:ヘッドコーチ浅見敬子、ストレングス&コンディショニングコーチ宮崎善幸、分析 岩井優、トレーナー 平井晴子、総務 香川あかね

  • Line