ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2013年09月29日

関西大学A、波乱の幕開け

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20130929

29日の日曜日は、京都の宝が池に行っていた。京都府ラグビー協会は、この日、「ラグビーパーク」を開催した。幼児と小学生を試合中に預かって、ラグビーボールで遊ばせ、ご両親にはゆっくり観戦してもらおうというもの。子供達と遊ぶのは関西の学校に所属する女子選手達。普及担当の長手さんによれば、「子供達への普及と女子ラグビーを切り離さず、一緒に盛り上げていきたいので」とのこと。女子学生は、関西大学Aリーグの2試合終了後に、7人制のエキシビションマッチを行った。ラグビーパークは、10月20日(宝が池)、11月16日、11月23日(西京極)でも開催される。

Aリーグの2試合は白熱した。第1試合は、優勝候補の一角の関西学院大に対して、立ち上がりから京都産業大が攻勢に出る。FWがしつこく前に出て、思いきりのいいタックルで圧力をかける。しかし、ラックからのテンポのいいボール出しは関学のほうが上。前半は14-6で関学がリードする。流れは関学かと思われたが、後半に入っても京産の勢いは衰えず、決定力あるFB山下楽平が個人技から2トライ。一気に逆転すると、FL李らを軸によく前に出て、関学の反撃を1トライに抑え、30-19で逃げ切った。

「やってきたことをやりよった。タフになった。自分が勝つよりじーんとする」(京産大の元木由記雄BKコーチ)

第2試合は、優勝候補の一角同士の対戦とあって観客席は超満員。ほぼキャパシティーいっぱいの5,538人が集った。なんと準備したチケットが足りなくなって、コピー用紙に日付印を押す事態に。開始早々に立命館大学のインゴールからのタッチキックを同志社がチャージしてHO秋山が先制トライ。幸先のいいスタートを切り、なおも大きくボールを動かして攻め立てたが、立命の前に出るタックルが徐々に威力を発揮して、後半は同志社の攻撃を寸断。最後は突き放した。この日は、同リーグの4試合中3試合で昨年の下位チームが勝ったなか、唯一立命が昨年2位の実力を示したことになる。

立命の中林監督は「開幕戦の緊張はありましたね。普段はしないミスもしたし」とほっとした表情。敗れた山神監督は「力をつけているのは確かです。勝負にこだわった攻めという点では、経験値で立命に分があった。力差を認めます。でもね、もうちょっと、惜しい、残念」と、悔しさを噛み殺していた。

王者・天理が敗れるなど波乱の幕開けをなった関西リーグの開幕節結果は以下の通り。

■関西大学Aリーグ開幕節結果
関西学院大●19-30○京都産業大(前半14-6)
立命館大○40-26●同志社大(前半21-21)
近畿大●32-36○関西大(前半10-12)
天理大●31-37○大阪体育大(前半7-20)

  • Line