ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/08

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2013年08月31日

TL開幕節・31日の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

31日は、神戸総合運動公園に行っていた。JSPORTSで神戸製鋼対NECの解説をした。試合序盤は強い風が吹き、途中でスコールのような大粒の雨が落ちる難しいコンディションになったが、最後まで勝敗の行方の分からない面白い展開になった。

神戸製鋼の苑田ヘッドコーチは、「ナドロをSO周辺に走り込ませてくるのは分かっていたし、接戦になると思っていたので、ディフェンスが良く、プレースキックの正確な山本大介をSOに起用しました。ナドロを前に出さなかったし、最後のコンバージョンキックを決めてくれたことが勝利につながりました」と、SO山本の起用を説明。山本はハーフウェイラインからのPGも成功させるなど勝利の立役者となり、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。

この日の神戸製鋼は序盤からパスミスを連発し、目指す「ムービングラグビー」が不発のまま時が過ぎた。NECは迷いなく接点で前に出てボールに絡み、SOウェブの防御背後へのパントキックなどでチャンスを作った。12分、CTB釜池が10-3と突き放すトライをあげる。神戸製鋼FL安井のトライで追いつかれ、PGで逆転されたが、38分には、CTB田村のパスを受けて再び釜池がトライし、17-13とリードした。

その後は、神戸製鋼のCTBフーリーのトライ、ウェブと山本のPG合戦で、後半24分、26-21とNECリード。NECはなおも激しく前に出たが、27分、途中出場の神戸製鋼WTBフレイザー・アンダーソンが山本のキックパスをキャッチ、28-26とするトライをあげ、辛くも勝利した。トップリーグデビューとなった、LOアンドリース・ベッカーは、208㎝の長身でラインアウト、キックオフで非凡なところを見せたが、ハンドリングエラーやミスタックルもあって、ほろ苦いデビューだった気がする。

神戸製鋼の伊藤鐘史ゲームキャプテンは、こうコメント。「序盤は、NECのディフェンスが鋭く、ブレイクダウンで焦ってボールを出していた。効果的なキックができず、パスミスなどが起きた原因はそこだったと思います。しかし、パニックにならずに戦えたことが勝利につながりました」。

NECのグレッグ・クーパーヘッドコーチは、「難しいコンディションのなかで、それに合う戦い方もできたし、ディフェンスも良かった。ただ、相手がPGを決められる場所で反則を犯してしまった」とコメント。浅野良太キャプテンは、「3月から約6カ月間、勝つために準備してきました。スローガンの『ノーリミット』を体現してくれました」と話したところで、涙声になった。続けて、「足を運んでくれるファンの皆さんに、次こそ勝つところを見せたい」と声を振り絞った。NECにとっては、悔やんでも悔やみきれない惜敗だった。

他会場も含めて、8月31日の結果は以下の通り。東芝ブレイブルーパスの廣瀬俊朗選手が、トップリーグ100試合出場を達成している。トップリーグ19人目。

■TL開幕節・8月31日の結果
神戸製鋼○28-26●NEC(前半13-17)
ヤマハ発動機○38-28●クボタ(前半20-21)
近鉄●0-46○パナソニック(前半0-18)
リコー△27-27△コカ・コーラウエスト(前半17-5)
東芝○10-8●キヤノン(前半10-3)

  • Line