ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/08

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2013年08月28日

RWCワークショップ、ラグビードラマ、信は力なり

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

28日の午後は、大阪市内のホテルで「ラグビーワールドカップ(RWC)2019ワークショップ」に関するブリーフィングがあった。現在、RWC2019組織委員会は、試合開催地に意思表明をしている38の都道府県を、地域ごとに分けて、説明にあたっている。27日は、関東、28日が関西、29日が九州である。

28日関西地域の説明会には、8府県から11の自治体がワークショップに参加した。報道陣への説明会には、IRB(交際ラグビーボード)のRWC事業部長のキット・マッコール氏、RWCアンバサダーの大畑大介氏も出席し、現状と日本大会に期待することなどを解説した。マッコール事業部長は、「試合会場の選定はRWC成功の鍵」と話し、日本全国の10会場から12会場を想定し、さまざまな会場を想定している。イングランド大会を例に取れば、1万5000人から8万、9万人くらいのキャパシティーと説明したが、「目標の観客動員は、会場が決まってから言うべき」と、具体的な目標は明らかにしなかった。「RWC開催の目的は、ラグビー普及であり、フランス大会もイングランド大会も、あえてラグビー人気のない地域でも開催した。日本でも人気のない地域で開催することはあってもいい」とも話した。

会場で、東大阪市のラグビーワールドカップ誘致室の方に会った。そこで、NHK大阪放送局が制作する、「花園オールドボーイ」というドラマが放送されるという情報を得た。平成26年1月10日、午後8時〜8時43分[総合テレビ、関西地域]。脚本:宇田学、出演者:麿赤兒、岡本玲、川崎亜沙美、川中美幸ほか。

「制作開始のお知らせ」には、次のようにある。[いま、ラグビーが熱い!世界的祭典・ラグビーワールドカップが、2019年に日本で開催されます。そこでラグビーが盛んな東大阪市を舞台に、68歳のオールドラガーマンがラグビーを通じ、老いてなおその人生をきらめかせるドラマを制作します。東大阪市は、「高校ラガーマンの甲子園」、近鉄花園ラグビー場がある街です。また、東大阪市は市民が子供の頃からラグビーに親しみ、不惑を過ぎた人たちも生涯スポーツとしてラグビーを楽しむ街でもあります。東大阪市とラグビーの魅力を発信する地域ドラマに、どうぞご期待ください]

この企画を後押ししたのは、6月8日、花園ラグビー場での日本代表対ウェールズ代表の盛り上がりだったという。携わった人たち、みんなの力で、ラグビー愛好者にとって夢のようなドラマが実現するというわけだ。皆さん、モチベーション高まりますね。

続いて、お知らせ。以前もお伝えした、山口良治さんの「ラグビーと歩んだ55年の軌跡」展が、9月7日〜23日まで(10:00〜18:00火曜日休館)、京都アクアアリーナ(西京極駅至近)開催されます。7日午後1時よりオープニングセレモニー。1時半から大八木淳史さんをゲストにトークショー。8日の午後1時からは、平尾誠二さんによるトークショー。僕も参加し、平尾さんのお話の聞き役をすることになりました。15日の午後1時からも伏見工業OBによるトークショーが企画されています。22日午後3時からはチャリティーオークションがあります。入場は無料。僕はきょう、打ち合わせがてら下見に行って来たのですが、「アクアアリーナってこんなに立派だったんだぁ」としばし呆然。山口先生の学生時代からの写真や、日本代表時代のジャージなど貴重な品々が展示されます。
https://www.facebook.com/shinhachikaranari

  • Line