ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/08

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

日記 2013年08月25日

ラグビーマガジン2013年10月号

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

ラグビーマガジンの編集部にいた頃、会社の近所に「ドトール」があったので、ときどき「ミラノサンド」とか、「ジャーマンドック」が食べたくなる。ラグビーマガジン10月号がすでに発売になっているが、今号は、トップリーグの写真名鑑付き。よく執筆しているので、いつも送ってもらっているのだが、どうしてもすぐに読まなきゃならない仕事があって、書店で購入。そういえば編集長だった頃、いろんな書店に行ってどんな人が買っているか眺めていたことがあった。たくさん売れ残っていると買ってみたりもしたなぁ。

Cover_201310

というわけで、久しぶりにミラノサンドを食べながら、ラグビーマガジンを読んだ。昔と変わらぬ味を楽しみながら、トップリーグ開幕特集ページをめくる。春から夏にかけて、負けが続くサントリーの真壁伸弥キャプテン、有賀剛バイスキャプテンのインタビューは、チーム状況がよく伝わる。今季のサントリーのスローガンは、「STILL HUNGRY」。勝利に飢えるチームという意味では、今の負けはいい効果があるのかもしれない。

各チームの注目選手が次々に登場するが、パナソニック入りした、JPピーターセンのインタビューも面白い。名前の由来もあるし、父親が彼に託した夢のこと、そして、エディー・ジョーンズのピーターセンに対する評価も。「現在、この国に世界最高峰のプレーヤーは3人いるが、彼はその中に割って入る可能性がある」。

リコーのマイケル・ブロードハーストの向上心も好感が持てる。「長く日本代表でがんばっている選手を見ながら、僕ももっといい選手になりたいと思います」。近鉄のチームルポは「中井とともに。」。急逝した中井太喜の名がジャージに刻まれている。「練習中や試合中、中途半端なタックルしたら、中井のタックルはこんなものじゃなかった、と気合を入れ直す。今も一緒に戦ってくれています」(FL佐藤幹夫)。

楽しみなシーズンがもうすぐ始まる。

Topleaguefb2013_2

  • Line