ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/07

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2013年07月01日

7人制W杯最終日結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

30日は、モスクワで開催されたセブンズ・ワールドカップの最終日(3日目)だった。JSPORTSで解説だったのだが、男子のカップトーナメント(トップ8)では、準決勝のニュージーランド対フィジー戦の最中にカミナリが鳴って中断するアクシデント。しかも、カミナリで現地の回線にもトラブルが生じて日本に映像が来なくなってしまった。カップの準決勝は再開後ニュージーランドがフィジーを破り、続いてイングランドがケニアに勝ちきるところで回線障害が回復。豪雨に見舞われる現地の映像が入ってきた。

30度を超える暑さ、カミナリ、豪雨と、大変な大会になったが、男女の7人制日本代表は、最終日、ともにボウルトーナメントに進出。女子は準々決勝でサイズも大きく、強豪国の一角であるオランダと対戦し、前半で19-0とリードを奪われながら、後半、中村知春、三樹加奈がトライ、難しいゴールも大黒田裕芽が決めて、19-14まで追い上げた。全員が懸命に粘っていたが、2つ目のトライの際、山口真理恵が見せたブレイクダウンでの低い姿勢に感動。

男子は、準々決勝でフィリピンに大勝、準決勝ではグルジアに先行されたものの終盤追いつき、最後は坂井の決勝PGで決勝に進出した。そして、ボウルの決勝は、地元ロシア代表との対戦。プールマッチで引き分けた相手との決着戦となったが、ぬかるんだグラウンドでロシア選手の力強い突進が目立ち、日本はそれを止めることができなかった。最終スコアは、29-5。ロシアの快勝だった。

カップトーナメント決勝戦は、ニュージーランドが手堅く試合を進め、プレーメイカーのザマ、ミッケルソン、スタワーズらを軸に防御を崩し、33-0という完封勝利を飾った。2001年大会以来、二度目の優勝だった。9位から16位争いのプレートトーナメントは、カナダとサモアが決勝で対戦し、カナダのナイサン・ヒラヤマが、防御背後へのキックを自ら押さえるなど頭脳的なプレーで3トライをあげ、2ゴールを含め全19得点をあげてチームを勝利に導いた。

女子は16チームの参加のため、男子とは方式が違ったが、プールマッチ上位8チームによるカップトーナメントでは、ニュージーランドとカナダの決勝戦となり、ニュージーランドが、29-12で勝って男子とのダブル優勝を果たした。

◎男女7人制日本代表、最終日の結果

男子ボウルトーナメント
準々決勝
日本○50-0●フィリピン(前半26-0)
準決勝
日本○24-21●グルジア(前半0-14)
決勝
日本●5-29○ロシア(前半5-10)

女子ボウルトーナメント
準々決勝
日本●14-19○オランダ(前半0-19)

  • Line