ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2013/04

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2013年04月20日

日本対フィリピン戦結果&お知らせ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

土曜日の博多は朝から雨が降りしきっていた。午後にはさらに強くなり、レベルファイブスタジアムも芝生に水が浮くほどになっていた。そんな悪コンディションのなか、日本代表のアジア五カ国対抗2013初戦は、ミスの多い立ち上がりになったが、廣瀬キャプテンは「思ったよりボールが滑ったので、一人一人の間隔を狭くし、サポートも深くした」と試合の中で修正して大量得点につなげた。

日本、オーストラリアなど海外でプレーする選手が軸のフィリピン代表は、個々には力強い選手が多かったが、組織的な完成度は低く、運動量が落ちた前半30分過ぎからは日本の独壇場。後半9分、地元・福岡高校出身のWTB福岡堅樹が登場すると、スタジアムの空気が一気にヒートアップ。その期待に応えて、13分、福岡は自陣深くからの展開でラインブレイクしたCTBマレ・サウからボールをかっさらうように受けると、スピードに乗って大きくゲインし、タックラーを瞬時のコースチェンジでかわして左タッチライン際を快走、約60メートルを走り切った。トライの仕方も躍動感があり、トライラッシュに拍車をかけた。

初キャップのマレ・サウと立川理道のCTBコンビは、自らも再三突破し、素早いパスでもトライを演出。さらにコンビネーションが高まれば日本の看板コンビに成長しそうだ。きょうは、フロントローのトライも目立った。テストマッチデビューの三上正貴は脚力の強さで、浅原拓真はWTB福岡を絶妙の位置でサポートするスピードで、畠山健介はラックからの得意のピック&ゴーでと、それぞれが持ち味を生かして次々にトライをあげた。大量得点の中でも試合が楽しめたのは、トライの内容が客席を沸かせるものが多かったからだろう。

エディー・ジョーンズヘッドコーチも、「石鹸のように滑るボールで、120点はよくやったと思います。いまフィジカルの強化をしているのでその成果は出ていました。感銘を受けたのは、選手のディシプリンです。自分達が取り組むラグビーを悪いコンディションの中で規律正しくやろうとしていた。立ち上がりは難しい試合になりましたが、後半はショートとワイドの攻撃をミックスして上手く戦ってくれました。福岡は小野澤が膝をひねったので早い時間での投入となり、30分という時間が与えられました。スピードはブライアン・ハバナ(南アフリカ代表WTB)のようです。シニアプレーヤーから吸収し、向上心を持ち続ければ、本当の良いプレーヤーになるでしょう」。また、海外の報道陣から立川に対して質問があったときは、「彼はランとパスが両方高いレベルでできる。こういう選手はインターナショナルレベルでも見つかりません」と絶賛。マレ・サウについては、「きょうはチームメイトに対して寛容すぎた。あと2トライはしてほしかった」とアグレッシブなプレーを要求していた。


■試合結果
日本代表○121-0●フィリピン代表(前半43-0)

お知らせ◎4月25日に開催される「みなとスポーツフォーラム」は、僕と小林深緑郎さんで、「ジャパン対ウェールズの歴史・見どころ」をテーマに話すことになっていたのだが、特別ゲストとして、サントリーサンゴリアス監督の大久保直弥さんも参加することになった。大久保さんは日本代表としてウェールズ代表と戦っているほか、サントリーサンゴリアスの選手として来日したウェールズ代表に勝利した貴重な経験を持つ。興味深い話が聞けそうだ。

◇開催日時:2013年4月25日(木)19時〜20時30分(開場18時30分)
◇開催場所:麻布区民センター ホール(港区六本木5-16-45) 
◇定員:200名(先着順)
◇参加費:無料(港区在住・在勤・在学者)
1,000円(JRFUメンバーズクラブ会員・港区以外の学生)
2,000円(一般)

お申し込みは、コチラの申し込みフォームよりどうぞ。
http://minato-jrfu.d2.r-cms.jp/

  • Line