ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/11

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2012年11月21日

堀江選手レベルズ入り&天理大HB団

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

2人目のスーパーラグビー入りが発表された。パナソニックワイルドナイツの堀江翔太選手である。チームは、オーストラリアのメルボルン・レベルズだ。すでに、レベルズのホームページにも紹介されている。FWのフッカーという要のポジションで日本人がどこまでやれるのか。楽しみな挑戦だ。

[ワイルドナイツのチームコメント]
田中のハイランダーズ入りに続き、堀江もITMカップからステップアップしてメルボルン・レベルズの一員としてスーパーラグビーに参戦するということは、チームとして非常に喜ばしいことです。日本人初となるスーパーラグビープレーヤーがチームから同時に2人も誕生したことは光栄です。それぞれの活躍を観ることも楽しみですが、チームも2人から刺激を受け、お互いに切磋琢磨していきたいと思います。

[堀江翔太選手コメント]
メルボルン・レベルズの一員となることを非常に光栄に思います。チームの勝利にできる限り貢献し、スーパーラグビーで日本人選手の可能性を証明したいと思います。パナソニックなど、皆様のご理解とサポートで今回のような素晴らしい舞台に立つことができました。皆様に恩返しができるように全力を尽くしたいと思います。

21日は、天理大学ラグビー部の取材に行ってきた。SH山本昌太選手(4年・写真右)、SO白井竜馬選手(2年・写真左)に話を聞いた。昨季は、SH井上、SO立川のコンビで大学選手権決勝まで上り詰めたが、今季も天理大のキーポジションはHB団。素早くボールを動かす要である。白井選手は、開幕戦で負傷したが、ようやく復帰してきた。その間、SOを務めていた斉藤遼太郎選手も怪我をしてしまって、SOの負傷者に苦しむ天理だが、白井選手の復調は心強いところ。強気の2人が、チームの勢いを引き出す。

201211211

2人の話の詳細は、ラグビーマガジン別冊の大学選手権展望号をご覧いただきたいのだが、やっぱり気になるのは、白井選手の名前。竜馬ってお父さんが好きとか? いえ、そんな話は聞いたことないです。そうなんや、違う竜馬かもしれんなぁ。ああ、今度聞いときます。そんな他愛のない話もしたりして。

2人にどうして、天理に来たの?と聞いてみると、山本選手はお母さんが天理高校時代に小松監督と同級生だったり、白井選手は高校のラグビー部のコーチが、現在天理大のコーチを務める八ツ橋さんと同期だったとか、面白い縁も聞かせてもらえた。

天理大は、すでに関西大学Aリーグの三連覇を決めているが、12月1日に対同志社大戦が残されている。関西リーグは、3位以下の順位争いが11月24日、25日、12月1日の試合で決まる。最後まで目が離せない。

  • Line