ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/09

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2012年09月07日

TL第2節金曜の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

トップリーグ第2節の金曜ナイターは、初昇格のキヤノンの健闘で大接戦となった。立ち上がりから、PGを狙わずに波状攻撃を仕掛けた東芝が、ようやく先制トライを奪ったのは前半16分だった。PKからの速攻を連続してCTB渡邊太生がトライ。その後もキヤノンの粘りに苦しんだが、2トライを追加して、前半を21-7リードで折り返した。

ハーフタイムで、東芝・和田賢一監督は「ブレイクダウンで、やられている」とコメント。その修正を後半にかけた。しかし、ボールを持ってよく攻めたのはキヤノンンのほうだった。東芝の地域を進めるキックを思いきりよくリターンし、13分には、FB橋野皓介のハイパントが大きく弾んで、CTB三友良平の胸にすっぽり収まってのトライで、12-21に迫る。

東芝は、前半のCTB豊島翔平に続いて、CTB森田佳寿、SOデヴィッド・ヒルが相次いで足を痛めて退場。攻めてもミスが多く、流れが悪い。PGで15-21に迫られ、さらに猛攻を受けることに。後半28分、キヤノンはSOに入った橋野がラインブレイクしてゴールラインに迫り、その後の攻撃でWTB大居がインゴールに駆け込んだが、ラストパスがスローフォワードの判定で万事休す。それでも最後の東芝の猛攻を粘って、7点差以内の負けに与えられるボーナス点はゲット。健闘が光った。

「後半完封といっても負けは負け」とキヤノンの和田拓キャプテンは淡々とコメント。「前半からFWがよくファイトしてくれた」とFW陣の健闘を称えた。東芝の和田賢一監督は、「ブレイクダウンで入り負け、初戦の課題が修正できないままだった」と厳しい表情。豊田真人キャプテンも、「キヤノンは前にスペースをとってくるようなブレイクダウンデ、低さにも対抗できなかった」とブレイクダウンで後手を踏んだことを悔やんだ。

東芝の豊島翔平選手は足首の脱臼骨折ですぐに手術となり、長期の戦線離脱になりそうだ。7人制日本代表のトライゲッターでもあり、ダブルで痛い負傷になった。

■トップリーグ第2節金曜の結果
キヤノンイーグルス●15-21○東芝ブレイブルーパス(前半7-21)

  • Line