ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/09

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2012年09月01日

トップリーグ第1節2日目の結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

9月1日(土)、トップリーグ第1節2日目の6試合が各地で開催された。僕はJSPORTSの解説で、大阪の長居第2陸上競技場へ向かった。昼間はカミナリが鳴ったらしく、中断、あるいは中止も視野に入れての開催だった。試合開始直後にシャワーのような雨が降ったが、すぐにやみ、心配されたカミナリもなく、試合は進んだ。

「トップリーグのファーストゲームを思いきり楽しもう!」という和田拓キャプテンの言葉通り、初昇格のキャノンは元気いっぱいにピッチを駆け抜けた。NTTドコモのボールキャリアが孤立しがちなところを狙って激しく前に出てブレイクダウンを制圧、前半だけで4本のターンオーバーを勝ちとるなど、勢いが違った。

前半18分、NO8ソンゲタのトライで先制すると、22分、ルーキーのSH福居がラックサイドを駆け抜けてトライ。29分には、FB和田が約45mのドロップゴールを決めて観客の度肝を抜いた。チーム加入3年目までの若い選手が躍動するキヤノンに対し、NTTドコモは、ブレイクダウンで後手を踏み、攻めてもハンドリングエラーが多くチャンスを広げられない。後半に入り、パスワークの素早いSH秦、FBムリアイナらを投入して流れを変えようとしたが、後半20分のトライチャンスもノックオンで逃がし、あとは規律も乱れて組織が崩壊、突き放された。

敗れたドコモの高野一成ヘッドコーチは、「ホームの長居で初戦をプレーでき、多くのサポーターのみなさんに来ていただいたのに、結果が出ず申し訳ない。自分の責任だと思っています。何が歯車を狂わせたのが探り出し、チーム一丸となって立て直します」と声を絞り出した。

トップリーグ初勝利をあげたキヤノンの永友洋司監督は満面の笑み。「若い選手が、のびのびプレーしていた。大したものです。将来、頂点を狙っていく歴史の中で、大きな勝利だと思います」。印象的だったのは、和田キャプテンの楽しげな顔だった。「プレーしていて楽しかった。いいスタートが切れました」。この調子でチャレンジを続ければ、今年のキヤノンは上位陣にとって怖い存在になりそうだ。

◎トップリーグ第1節土曜日の結果
リコーブラックラムズ●13-44○パナソニックワイルドナイツ(前半6-16)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ○19-6●近鉄ライナーズ(前半0-3)
福岡サニックスブルース○31-13●九州電力キューデンヴォルテクス(前半16-3)
NTTドコモレッドハリケーンズ●14-38○キヤノンイーグルス(前半7-17)
東芝ブレイブルーパス○26-16●NTTコミュニケーションズシャインニングアークス(前半13-7)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ●12-26○ヤマハ発動機ジュビロ(前半7-6)

◎「アジア・パシフィック女子セブンズ」(8月31日〜9月2日 マレーシア・ボルネオ)に参加している、女子7人制日本代表の大会2日目の試合結果が届いた。明日は、カップトーナメント準決勝で香港と対戦する。
■2日目試合結果
日本○36-0●シンガポール
日本○36-7●中華台北

◎男子のほうも、HSBCアジアセブンズシリーズ第一戦「ボルネオセブンズ」(9月1日〜9月2日 マレーシア・ボルネオ)に参加。大会1日目は2勝して、プールC1位となり、2日目の準々決勝でフィリピン代表と対戦することに。
■1日目試合結果
日本○34-7●スリランカ
日本○32-0●中華台北

  • Line