ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/06

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2012年06月22日

Sウィリアムズ、ダイナボアーズ入り他

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

三菱重工相模原ダイナボアーズに、元ウエールズ代表のシェーン・ウィリアムズ選手の入団が正式に発表された。すでにウエールズ代表は退き、現役選手も2011-2012シーズンで引退するはずだったが、日本の三菱重工相模原でプレーを続行することになった。

170㎝、80㎏、35歳。世界トップ国のテストマッチレベルでは極端に小さなWTBだが、瞬時の加速と、鋭角的なステップでトライの山を築いた。ウエールズ代表58トライ。ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズでも2トライをあげている。ダイナボアーズには、ウィリアムズに加えて、元オールブラックスのLOトム・ドネリーも加入し、トップリーグ昇格を目指す。さて、シェーン・ウィリアムズは、6月23日(土)13時キックオフ(クボタ船橋グラウンド)にて行われるクボタスピアーズ戦で、26番をつけることになっている。

また、南アフリカ代表キャップを持つNO8ライアン・カンコウスキーのトップリーグ入りも明らかになっている。選手登録締め切りの6月末まで、驚かされる発表がまだまだ待っていそうだ。

201206221

きのうの午後、日本代表の廣瀬俊朗キャプテンと、前キャプテンの菊谷崇選手の2人に話を聞いた。これは、日本協会のメンバーズクラブの会報誌に掲載されるインタビューだ(7月下旬発行予定)。菊谷選手は、3月のトップリーグ・オールスター戦で廣瀬選手に会ったとき、廣瀬選手を激励したそうだ。「僕は廣瀬を尊敬しているし、適任だと思ったんですよね。まさか、そのときもう一度呼ばれるとは思っていなかったので」。前キャプテンの復帰を、「最初は驚きました」という廣瀬選手も、いまや頼りになる先輩を慕っている。「きくさん」、「スキッパー」と呼び合う仲だ。廣瀬キャプテンは、24日の試合には疲労の蓄積もあって欠場する。「疲労があるとは、いわれていますけど、パフォーマンスが悪かったから出られなかったと思うんですよね」と、もう一度、身体を作り、ベストのパフォーマンスが見せられるように努力したい、と話していた。

さて、24日、ジャパン・フィフティーンとフレンチ・バーバリアンズの試合が行われる秩父宮ラグビー場に、近鉄ライナーズの応援くらぶが参戦するようだ。昨シーズンのトップリーグで特別表彰を受けた同くらぶは、花園ラグビー場などでのユニークな応援で知る人ぞ知る存在。大阪での日本代表合宿に激励に訪れた際、複数の選手に秩父宮での応援要請を受けたという。「応援くらぶとしてバックスタンドで初参戦いたします。さてさて、どうなる事やら…」と武広団長。威勢のいい声は、フレンチ・バーバリアンズに、どう届くだろう。

  • Line