ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/06

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2012年06月14日

橋本&正面トークライブ

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

201206131

13日の夜は、大阪・北浜駅近くのラグビー普及促進居酒屋ラグビー部マーラーでのトークイベントだった。ゲストは、神戸製鋼コベルコスティーラーズの橋本大輝キャプテン、正面健司バイスキャプテン。神戸製鋼の新しいリーダーである。もうひとりのバイスキャプテンである伊藤鐘史選手は日本代表での活動中のため、今回は欠席。お2人に、神戸製鋼、日本代表、7人制日本代表のことなど、さまざま聞いた。

橋本選手はキャプテン就任の打診を受けたとき、驚いたらしい。「伊藤鐘史さんだと思っていたので」。正面選手は予想していた。「橋本ほど体を張ったプレーをできる選手はいない。キャプテンになると思っていました」。橋本キャプテンは、「僕は口下手なので、苑田ヘッドコーチにも、しゃべらなくていいから、プレーで引っ張ってほしいと言われています。しゃべるのは、伊藤鐘史さんに任せます」と言っていた。

今季のチームについては、2人とも「変幻自在のムービングラグビーを見せたい」と話し、昨年以上に各個人の役割を明確にして上位を目指す意気込みを語った。注目の新外国人選手、ジャック・フーリーもすでにチームに合流している。橋本キャプテンは、「足の長さは僕のこれくらいある」と脇腹あたりをさし、正面選手は「アタック&ディフェンスの練習で、走り込んでくるスピードがこれまでに経験したことのない速さだった」と驚いていた。

現在、スーパー15でプレーしているSOピーター・グラントも戻ってくる予定で、NTTコムから移籍のクレイグ・ウィングも含め、今季の神戸製鋼のBKラインのメンバーが豪華すぎるほど。理想のBKラインは?という問いかけに、正面選手が「グラント、ウイング、フーリー」と自分の名前を言うのを忘れるほどの豪華なラインアップだ。今季の神戸製鋼は観客を楽しませてくれそうだ。

橋本選手は、この春の日本代表スコッド入り。エディー・ジョーンズヘッドコーチには、「オープンサイドFL」としての成長を期待されているという。厳しいトレーニングで、身体も絞られ、見た目には痩せて見えるのに、体重は変わっていないという成果をあげた。「トップリーグでアピールして、秋にはまた選ばれたい」と話していた。

トークのあとは、懇親会。そしてプレゼントタイム。ラグビー部マーラーのラグビー談議は、尽きることなく続いた。

さて、6月20日、24日に、ジャパンフィフティーン(実質日本代表)と対戦するフレンチ・バーバリアンズの来日メンバーが発表になった。なんと、会長として来日するのは、伝説のFLジャンピエール・リーブである。選手は、フランス代表のビッグネームは少ないが、HOセルバ、スタッド・フランセのCTBアリアスなどがいる。

  • Line