ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/05

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2012年05月29日

W杯組織委員会スタート

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

5月29日は、都内のホテルでラグビーワールドカップ2019組織委員会の第1回理事会が開催され、御手洗富士夫会長ほか、岡村正理事(日本商工会議所会頭、株式会社東芝相談役)、佐治信忠理事(サントリーホールディングス株式会社代表取締役会長兼社長)、田嶋幸三理事(日本サッカー協会副会長兼専務理事)、平尾誠二理事(神戸製鋼コベルコスティーラーズGM兼総監督)らが出席した。

201205291

その後の記者会見には、御手洗富士夫会長、副会長で日本オリンピック委員会の竹田恆和会長、同じく副会長で日本ラグビー協会の森喜朗会長が出席。御手洗会長は、「これから本格的に開催準備に取り組む。世界の協会の代表として、必ずや成功させなければならない。開催期間は44日と日韓で行われたFIFAのワールドカップを上回る。単なるスポーツの一イベントではなく、日本全国を巻き込み、ナショナルプロジェクトとして取り組んでいかなくてはならない。組織委員会も政財官がスクラムを組んで組織した。いいスタートが切れた」という旨語った。

今後の大まかなスケジュールだが、これから開催地入札のガイドラインを作成し、2013年に試合会場希望自治体による入札、2014年に試合会場を決定し、2015年のイングランド大会で告知活動を行う。その後、キャンプ地の決定となる。試合開催会場は10カ所程度になる見込み。アジアのいずれかの国で開催する件については、まだ結論は出ていない。森副会長によれば、すでに複数の自治体が開催地、キャンプ地に声をあげている。「スタジアムのないところは、キャンプ地に、と声があがっている。また、キャパシティが少ない競技場でも、ニュージーランド大会では、仮設で対応していた。それも研究してもらうように指示している。(国立競技場の改修)については今、検討されているが、サッカーとラグビーが声をあげたのだから、球技場ということじゃないと」などと話した。

日本開催の大会は、2019年9月から10月を予定されている。チケットの販売は、2017年からの予定。

お知らせ◎東京に住んでいるときは毎月1本は観劇にでかけていたのだが、京都に引っ越してからは回数は激減。それでも時間をみつけて、歌舞伎などには通っている。東京ではいつも楽しみにしていた、ZIPANGU Stageの公演が来月ある。
6月7日から10日まで。JR大塚駅近くの萬劇場にて。

タイトルは『カサ・ノワール〜黒い家にまつわる綺譚』
ホラーちっくなミステリィありのコメディ。ちょっとゾクっとしたり、怖くなったり、また笑ったり…そんな感じの1時間40分。ご興味のある方はぜひ。
以下、公演情報です。(詳細は劇団hpをご覧ください)
http://members.jcom.home.ne.jp/zipangustage/

  • Line