ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/05

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

日記 2012年05月20日

ブラッド・ソーン欧州王者に他

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

この金曜日から日曜日にかけて、JSPORTSのスタジオでスーパー15(南半球スーパークラブ選手権)、ハイネケンカップ(欧州クラブ選手権)の解説をしていた。ヨーロッパのクラブ王者は、レンスター。福岡サニックスから短期移籍していたブラッド・ソーンは、ワールドカップ、スーパーラグビー、ハイネケンカップで優勝した最初の選手になった。昨秋のワールドカップから、トップリーグ、そしてハイネケンカップとプレーし続けている。本当にタフな選手だ。

レンスターのLOとして、卓越した仕事量で勝利に貢献したソーンをみていると、改めてサニックス・ラグビーの独自性を思う。ソーンですら、すぐには適応できないラグビー。だからこそ、サニックスはトップリーグの中で存在感を放つ。日本代表もそうでないと、世界は驚かせない。エディーJAPANがどこまで独自のスタイルを作り上げられるのか。興味は尽きない。スーパー15も、順位争いが最終局面を迎える。ここからさらに面白いので、今年は見ていなかった皆さんもそろそろ見始めてはどうだろう。

書くのが遅くなってしまったが、サントリーサンゴリアスが、2012年度新体制を発表した。

◆サンゴリアス2012-2013シーズン新体制
シニアアドバイザー:相場康則、強化本部長:土田雅人、ラグビー部長:中江嘉宏、チームディレクター:坂田正彰、監督:大久保直弥(新任)、ヘッドコーチ:沢木敬介(新任)、ディベロップメントコーチ:浅田朗(新任)、ヘッドS&Cコーチ:デイビッド・エッジャー(新任)、ストレングスコーチ:新田博昭、コンディショニングコーチ:若井正樹、主務: 田原耕太郎(新任)、広報兼採用:田中澄憲、採用補佐:大久保尚哉(新任)、メディカルアドバイザー:松田圭二、メディカルアドバイザー:高澤祐治、ドクター:永山正隆、ヘッドトレーナー:吉田一郎、アスレティックトレーナー:田代智史、渉外兼通訳:白倉綾子(新任)、事務局:植田悠太、西山実希、白鳥あゆ美(新任)
主将:真壁伸弥(新任)

■真壁主将コメント
チャンピオンチームのキャプテンという重責を担う事になり、とてもエキサイティングな気持ちです。目標は2シーズン連続の2冠獲得です。その為に「アグレッシブ・アタッキング・ラグビー」をベースに、更なる進化を求め、目の前にある一戦一戦、「ハングリー」に挑み続けます。選手、スタッフが一丸となって、強いサンゴリアスをグラウンドで披露できる様にハードワークを行っていきます。引き続き、熱いご声援をよろしくお願いいたします。

また、サントリーは、フーリー・デュプレア選手が、6月にイングランドシリーズ「南アフリカ代表vsイングランド代表戦」に向けイングランド遠征に臨む南アフリカ代表に、アドバイザー兼コーチとして帯同すること。ピーター・ヒューワット選手が、スーパー15のブランビーズに短期合流することを発表している。

  • Line