ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2012/05

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

試合レポート 2012年05月19日

男女日本代表、香港戦結果

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

5月19日、秩父宮ラグビー場では、男女の日本代表が香港代表と対戦した。11時30分より行われた女子日本代表は、立ち上がりこそ、ラインオフサイドの反則を繰り返してリズムを崩し、先制トライを奪われた日本代表だが、前半12分、FL横尾千里のトライで5-5とすると、22分、WTB井上愛美のトライで逆転。以降は、一度もリードされることなく、得点を重ねた。パスでつなぎ続けてのトライは、何度も観客をわかせた。CTB鈴木彩香は正確なラストパスを放って数々のトライを演出。井上愛美の俊足も生きた。

萩本ヘッドコーチは、「きょうは、いい試合をしてくれたと思います。最後まで走り続けてくれた。アジア4ネーションズにつながります」と笑顔で語ったが、「きょうでディフェンスでは、カザフスタンは倒せない」と課題も口にした。男女あわせて、史上最年少の日本代表キャプテンとなったHO鈴木実沙紀は、「前半、オフサイドの反則をたくさんとられたのは、反省です。でも、選手の間で修正できた。現状のベストパフォーマンスを出せたと思いますでも、あの反則をアジア4ネーションズでやったら、最初に勝負が決まってしまいます」と、次なる目標を見据えていた。

午後2時からは、男子の日本代表が登場。香港代表のキックオフで試合は始まったが、これまで3戦と同じく、日本代表は自陣からキックを使わずに攻め続けた。開始5分、相手陣深く入ったところでFL望月が縦突進。ここでできたラックから、素早く左に展開してCTB田村優が先制トライを奪った。SH日和佐篤の素早いパスワークを軸に、日本代表のスピーディーな攻撃に香港の防御が送れる場面が目立ち、次第に点差が開いた。

それでも香港代表がボール争奪戦で激しくからんでくると、日本のボール出しのテンポが悪くなり、攻撃が停滞してしまうことも多かった。チーム作りはまだ始まったばかりで、すべてを求めてはいけないが、6月のパシフィックネーションズカップ(PNC)では、もっと激しい圧力を受けることになる。テンポのいいボール出しは日本代表の生命線になる。

エディー・ジョーンズヘッドコーチは、「アジア5カ国対抗ではベストパフォーマンスです。規律もコントロールもあった。多くのエリアで修正することはありますが、チームの成長を嬉しく思います」と、まだチーム練習を初めて2カ月に満たない中では及第点を与えた。廣瀬キャプテンも、「このチームで初めて臨んだ大会で優勝できて、素直に嬉しいです。僕も新しくキャプテンになったのですが、選手たちがサポートしてくれました。ワンチームで戦えたこと、良かったと思います。ただ、まだまだ発展途上のチームですので、少し休んで、次の戦いに臨みたいです」

キックを使わないのは、アジアだからか?との質問には、ジョーンズHCは、「アタックには目指す形があります。今はスペースを見つけることをやっています。スペースを見極め、世界との競争力を獲得したい」と、チーム作りの初期段階であることを強調した。PNCについても、「大きくメンバーが変わることはない」と語り、多少の入れ替えはあるものの、軸になる選手は同じで、すべてベストメンバーで戦い、優勝を目指す。

■試合結果
女子日本代表○61-15●女子香港代表(前半17-10)
男子日本代表○67-0●男子香港代表(前半29-0)

追記◎ラグビースタジアム専用マガジンRUGBY CAFÉ 17号(200円)。表紙は、女子ラグビーの田坂藍選手、中にはインタビューも。ジョージ・スミス選手のインタビューもある。次号は、パシフィックネーションズカップで販売されるみたい。ラグビーカフェは、調布FMにもラジオ版として番組がある。インターネットでも聴けるので、調布インターネットラジオを調べてみてください。

Rugbycafe

  • Line